2006年7月12日 (水)

さらば、クレイジー・ダイヤモンド

Pink Floyd's Barrett dies aged 60[BBC NEWS]

気まぐれな正確さで
"ウェルカム"の言葉を使い果たしたおまえは
鋼鉄の風に乗って行ってしまった
虚言しか言わない今のおまえ おまえは幻視者
おまえは絵師
おまえは笛吹き おまえは捕らわれた人
いつまでも 輝きつづけるがいい!(from "Shine On You Crazy Diamond(Part1)")

まさに、貴方は鋼鉄の風に乗って行ってしまったのですね……
心から、合掌。

Today's Tune:Wish You Were Here/Pink Floyd

2006年5月17日 (水)

バナーと選曲

女将がバナーを作ったという事なので、早速貼らせていただきました。
何しろ、私も東京ドーム組ですから、貼らないわけにはというか、是非貼らせてくださいと(笑)
女将も書かれている通り、条件は

横浜FCとBON JOVIが好き

だけっすから、条件に当てはまるという方は如何でしょうか?

で、BON JOVIが試合前のBGMに流れた仙台戦なんですが、選曲について苦言をば。
STARSHIPの"セーラ"は、三ツ沢の雰囲気が何かまったりとなっちゃってたから試合前には向いてないと思うし、練習の際の選手入場時に流れてたのがRAINBOWの"I SURRENDER"って、戦う前から負けを認めちゃマズイのではないかと(苦笑)
試合前って、選手は勿論スタンドにいる人たちもそれぞれに気持ちを高めていく時間だと思うんで、それに合ったBGMをお願いしたいところですね。
その意味じゃ、BON JOVIは勿論、Beastie Boysの"Fight for Your Right(to Party)"はよくハマってたかなと。

それでは。

2006年4月 9日 (日)

20年目の邂逅(BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4)(2006年4月8日 東京ドーム)(後半)

後半です。

14.Have A Nice Day
アルバムのタイトル曲でシングルは大ヒットしたし、CMでも使われているから場内大盛り上がり!
サビの"Have A Nice Day"では当然大合唱だったんだけど、ギターソロがリッチーじゃなくてサポートメンバーだったんですよね。
やっぱり怪我の影響かな……

14.Who Says You Can't Go Home
コーラスの"It's Alright!It's Alright!It's Alright!It's Alright!"では場内大合唱!
曲自体がキャッチーでノりやすいから、自分でも歌っててすっげー楽しかったです!!(笑)

15.It's My Life
来た来た来た来たキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ここで盛り上がらなくていつ盛り上がるんだ!(この後もあるんだけど(笑))って感じで、場内のボルテージが一気に急上昇!
ここはサビだけじゃなく最初っから歌いまくりでした。

16.I'll Be There For You (アコースティック)
ジョンとリッチーが一本のマイクで向かい合って歌う姿を見た瞬間、こらえ切れなくなって涙がこぼれてきてしまいました。
一度はこの目で見たかった場面を、大好きなこの曲で見ることが出来て感激してしまったんで……
今回はアコースティックでしたけど、こっちのバージョンもいいですねえ……

17.Blaze Of Glory (アコースティック)
ジョンのソロ曲をバンドのライブでやる必要あるんでしょうかねえ……
というわけで、ここは座って休憩してました(笑)

18.Bad Medicine
イントロが鳴った瞬間、場内大盛り上がり。
さすがは全米一位だけの事はあります。
ジョンのアクションもキレキレで、男の自分が見ても惚れ惚れしてしまいました(笑)

19.Raise Your Hands
北米ツアーではやってたようなんですが、そんな事は全く知らなかったんで、イントロが鳴った瞬間は「え、嘘!?」と信じられませんでした。
サビの"Raise Your Hands!"で拳を突き上げるのはお約束ですよね。

20.Livin' On A Prayer
本編ラスト。
言わずと知れた超名曲ですが、今回はサビを場内のファンに歌わせてからイントロが始まるという構成でした。
ただ、キーが高いから男が普通に歌うには正直キツイんですよねえ(苦笑)
でも、苦しくても歌っちゃいましたけどね!!
やっぱり最高っすよ!

アンコール1

21.I'd Die For You
個人的に今回やってくれればいいなーと思ってたんですが、まさか本当にやってくれるとは!
欲を言えば、カウントダウンライブ(88-89年)の時みたくジョンとリッチーが一本のマイクで歌ってくれればよかったんですが、それは贅沢ってもんですよね(笑)

22.Wild In The Streets
"I'd Die For You"同様"Slippery When Wet"から。
本当にあのアルバムって名曲揃いだったんだなーと痛感してしまいますね。
サビの"Wild In The Streets!"では当然大合唱だし、デヴィッドのピアノもノリノリなんで本当に楽しい曲です。

23.Just Older
曲としては地味だけど、前向きさが感じられる隠れた名曲かと。
でも、私の周りの反応はイマイチ……

24.Someday I'll Be Saturday Night
"Cross Road"からの名曲。
サビでは全員大合唱。
これも前向きな歌詞ですよね。
タイトルはどうやって訳したもんだかいつも悩むとこですが(笑)

アンコール2

25 Treat Her Right
ロイ・ヘッドのカバー曲。
オリジナルは知らなくても、サビの"Hey!Hey!Hey!Hey!"でノリノリでした。

26 Wanted Dead Or Alive
ボーカルは、1番が観客で2番がリッチー、その後がジョンだったんですが、サビだけならともかく全部観客に投げられるとこっちも正直困ってしまうというか(苦笑)
2番のリッチーですが、彼がソロを取る機会ってそうそうないんで、見られてよかったです。
相変わらず声がデカイですけどね(笑)

これで全て終了です。
終わったのは19時40分過ぎくらいだったから、2時間半くらいでしたかね?
BON JOVIのライブは長いと聞いてたんで、短いかなーとは思いましたが、MCが殆ど入らない状態で2時間半だからかなり濃い内容だったのではと思います。
それに、私自身も二時間半があっという間に感じてしまいましたし。
これで音質がよければねえ……低音部がグチャグチャで、イントロが分からないんですものorz

中学生の時に彼らの音に触れてから20年が経つ訳ですが、今回ようやくライブに足を運ぶ事が出来ました。
色々と来られなかった事情はあったんですが、こんな楽しくてハッピーなライブならもっと早く来るんだったと後悔してます(笑)
次の日本公演、必ず行きます!
ただし、土曜日以外でですが(笑)

では。

20年目の邂逅(BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4)(2006年4月8日 東京ドーム)(前半)

BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4
ボン・ジョヴィがノリノリ東京ドーム[ニッカン]

柏戦の後、BON JOVIの日本公演初日に行ってきました。

試合終了のホイッスルと同時に競技場をダッシュで出てタクシーを拾うと、そのまま横浜駅へ。
予想通り裏道を回ってくれたので、予定より一本早い東海道線に乗ることが出来、開演時間前にドームへ着く事が出来ました。
ただ、グッズ売り場には長蛇の列が出来ていたので、買い物は終演後にする事に決め、中へ。
席は一塁側バルコニー席でステージからはやや遠いながらも、普段は年間シートとして使うためか椅子にクッションが張ってあったり専用ロビーや売店があったりして、中々いい感じでした。
席に着いてからは、売店でパンフや飲み物を買ったりレプリカから普段着に着替えたりして開演を待っていると、17時15分過ぎに今まで流れていたAC/DCのBGMから耳慣れないSEが流れ、いよいよスタート!

初日のセットリストは以下の通りです。
1.Last Man Standing
事前に一曲目がこれだとは知ってたけど、アリーナ中央にしつらえたミニステージにジョンが現れ、そこからスタートするとは!
(ジョン以外のメンバーはメインステージ)
アリーナが大騒ぎだったんで何かと思ったら……完璧にやられました。
心配されたリッチーですが、ギターを右肩から下げての演奏で一安心。
ただ、なで肩だったら絶対ずり下がるぞアレは……
歌い終わるとジョンは花道を通ってステージへ。
ファンは触りまくりでどっかのプロレス会場みたいなノリでした(笑)

2.You Give Love A Bad Name
ここ最近のライブでは2番目が定位置ですね。
20年聞いてるから当然最後まで歌いっ放し、サビでは大合唱。
気持ちいいわ鳥肌立ちまくりだわで、早くも涙腺が決壊寸前(笑)

3.Complicated
新曲。
ポップでキャッチーなんで、つなぎにはもってこいの曲ですね。

4.Born To Be My Baby
"New Jersey"では"I'll Be There For You "と並んで好きな曲。
キーがキツイからライブじゃやらないと聞いてたんで、イントロが流れた瞬間驚きました。
サビは勿論、「ナナナナーナナナーナー」では当然大合唱!

5.Story Of My Life
新曲。
アルバムではラストを飾るにふさわしい、次に繋がる期待感を感じさせる楽曲でしたが、ライブで聞いてもいい曲だなーと実感。

6.I'll Sleep When I'm Dead
ここはヨコノリで一休み。
ピアノのイントロが印象的で悪い曲じゃないんですけどね。

7.Runaway
ジョンが時間を遡る形でカウントダウンを始めたんで、「これは……」と思ったらあのイントロが!
中学生の時、音楽室のオルガンで友達とイントロを弾きまくったなー(笑)
(他にはVAN HALENの"JUMP"や"DREAMS"とか)
以前のライブではスローバージョンだったんですが、今回はオリジナルで演奏してくれて大満足!!

8.The Radio Saved My Life Tonight
耳慣れない曲だったんでカバーかと思ったんですが、ボックスセット収録曲だったんですね。
曲は悪くなかっただけに、知らなかったのが悔やまれるというか(苦笑)

9.Bounce
"Bounce"からは唯一の曲。
サビでは拳を振り上げて大合唱。
バルコニー席は大人しい人が多いんでどれだけ騒げるか不安だったんだけど、周りを見ると結構盛り上がってたんでホッとしました。

10.In These Arms
"Keep the Faith"からは唯一の曲。
勿論名曲なんだけど、特にサビの歌詞が感動的で、ここでも涙腺がヤバい事に。
ただ、この曲に限ったことじゃないんだけど、音が悪くてジョンが歌うまで曲が分からない事が度々(泣)

11.I Want To Be Loved
新曲。
ま、これもつなぎみたいなもんですよね。

12.I Won't Back Down
トム・ペティのカバー曲。

続きは後半で。

2006年3月 2日 (木)

誰も寝てはならぬ

プロローグ天空伝説 ウリ・ジョン・ロート

世間的には、荒川さんの金メダルで有名になった『トゥーランドット』ですが、自分はこれの1曲目で知りました。
歌詞や曲にアレンジが施されているんだけど、主旋律は間違いなくアレです。
そして、ヴァイオリンの音をギターで再現する為に作られた、"スカイギター"の音色に痺れてください。
7弦&36フレットだからこそ可能な、天空へ舞い上がるかのごとき音色がそこにはあります。
私も初めて聞いた時、ギターの音だとはとても信じられませんでしたから。
カテゴリーとしてはハードロック/ヘビーメタルの部類に入るんですが、クラシックの要素がかなり強いんでハードロック系が苦手な人でも聞きやすいと思いますよ。
(最新作もビバルディの"四季"の完コピ+αですし)

ていうか、続編の「SYMPHONIC LEGENDS」はいつになったら出るんだよ。
こちとら冗談抜きで10年待ってるというのに(苦笑)

では。

>追記
まあ、HR/HMやプログレを聞いてるとクラシックにも自然と手が伸びるようになるんですよ。
特にリッチー・ブラックモアやイングヴェイ、EL&Pなんて聞いてると。
(あと、赤ん坊の時に親が子守唄代わりにレコードをかけてたってのもあるかも)
正直な話、EL&Pを聞いてなかったらコープランドやヒナステラなんて一生聞かなかったぞ(笑)

2006年2月 6日 (月)

紅伝説

クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
レッド(紙ジャケット仕様)

再発されると知って、速攻で予約を入れました。
前回の発売時にはタイミングを逸しちゃって買いそびれてしまい、気がついたら店頭から姿を消してたという失態を演じちゃったんで、今回は万事ぬかりなく。
どっちも死ぬほど聞き込んでるから今更って感がないわけじゃないけど、出る以上はやっぱり手に入れたいのがマニアの性だしwww
発売まであと2週間なんで、家に届くのをじっと待つ事にします。

あと、初心者にはどれがいいかというと、"宮殿"は後半がダレるから個人的には"太陽と戦慄"、"暗黒の世界"、"レッド"のどれかだと思います。
興味がある方は是非。

では。

twitter

  • twitter