« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月11日 (水)

結果オーライ(岡山戦感想)

2010 J2 第21節 横浜FC対岡山
【J2:第21節 横浜FC vs 岡山】レポート:天は自ら助くる者を助く。サッカーの神様は、攻撃的姿勢でゴールを求めた横浜FCと最高の準備を欠かさない三浦知良に微笑んだ。

三浦さんの最年長ゴールについては、他所でしこたま取り上げられてるんでウチでは省略(笑
試合後のインタビューを聞いてたら、これだけの凄い選手を目の前で見られるという幸福に思わず目頭が熱くなってしまいましたが。

試合に着いてだけど、勝ったしカズゴールも見られたけど、前半の試合内容を考えたらとてもとても手放しでは……といった感じですよね(苦笑
ほんっと、前半は誰が味方なんだよ!って言いたくなるくらいパスが繋がらなくって試合にならなかったですから……。
そりゃ前半終了直後にブーイングが起きるはずだわ。
それもこれもカイオと難波の息が合わなかったのが原因なんですが、ここにきて剛の存在が如何に大きいかを痛感させられました。
つーかさ、難波はマジでどーすんの!?
ゴールは決まらない、ポストプレーでボールは収められないじゃ来年の居場所はマジでヤバいぞ!

ただ、こんな試合でも少なからず収穫があるというのが救いなわけで。
新加入の野崎は短い時間ながら、右サイドを積極的に駆け上がって決定的なパスを何本も通してましたんで、ジョーカーとして非常に面白い選手ではないかと思います。
勿論、現在怪我で戦線離脱中の武岡に代わって右サイドのスタメンとしても期待大ですよね!
あと、エデルが流れを変える働きをしてたのも印象的。
一歩間違うと持ち過ぎなんだけど、フィジカルが去年と比べて格段に強化されてるからフィニッシュまで持っていけるのがチームにとって大きいです。
今後も短い時間帯でのプレーが続くと思いますが、その中で是非とも目に見える結果を出して欲しいものだと思う次第です。

次節の北九州戦ですが、相手は未だ1勝のみで順位も最下位だからこそ、昇格のためには油断する事なくきっちりと勝ち点3をものにする事が大事ではないかと。
最後まで諦めずに戦っていきましょう!

では。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

twitter

  • twitter