« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »

2007年12月 5日 (水)

来たる人たち

2008シーズン監督に都並敏史氏[公式]

仙台やセレッソでの成績をとやかく言う奴が多いけど、要は横浜で結果を出せばいいって事だろ?
それまではお手並み拝見といこうじゃないの。
まずは手始めにスゲの引き留め、頼みますよ!

入団内定選手のお知らせ(U-18トリオ)[公式]

正直、プロとして最初のチームが横浜ってのはどうなのかなあ……っていう気もするんだけど、出場機会を得たいという点ではうってつけのチームだと思うから、一日も早いデビューを願う次第。
しっかし、去年の秋葉・大将も驚いたけど、今度はU-18代表かよ……うちの強化部が分からなくなってきたよ、正直言って(苦笑

入団内定選手のお知らせ(八角)[公式]

んで、今度は駒大の主将だよ、おい。
ポジションからいって、間違いなく山口の穴を埋めるための即戦力だろうね。
豊富な運動量がウリみたいだけど、今の横浜にとってそこが一番大事な要素なんで期待したいところ。

五人とも横浜のために、頼むぞ!!

では。

2007年12月 2日 (日)

勝った!(浦和戦感想)

2007 J1 第34節 浦和レッズ対横浜FC[ J's GOAL ]

浦和痛恨のV逸、横浜FCに苦杯/J1[ニッカン]
横浜FC根占「浦和は疲れていた」/J1[ニッカン]
【J1:第34節 横浜FC vs 浦和】横浜FCレポート:大一番は両チームともに気迫のこもった大熱戦に。堅守、速攻、パス回しと、自らの持ち味を出し尽くした横浜FCが金星をあげる。 [ J's GOAL ]

勝った!!

もう一回言うぞ。

勝ったぞ俺たち!!

今日の試合は場所が場所なんでハナッからホームって気はしなかったけど、あそこまで浦和サポに占められると横酷じゃなくて埼スタに来たんじゃないのか?と勘違いしてしまいそうになりましたが、そんな中で浦和サポを黙らせるっていうのは……

気持ちいいねえー!!

今シーズンは今まで辛くしんどい試合ばかりでしたが、最後まで応援し続けたからこそこんな結果を迎えることが出来たわけですから、これからも横浜と共に歩んでいきましょう!
幸か不幸か、来年からは再び三ツ沢へ戻れますしね!(笑

試合についてですが、確かに浦和の状態は最悪に近かったと思います。
ワシントン・ポンテ・永井といったところの個の力は確かに横浜より上だったと思いますが、如何せんチームとしての連動性が攻守共に欠けてましたから。
ただ、それを差し引いても横浜のチームとしての完成度は今季最高だったといってもよかったと思います。
前線からの激しいプレスでボールを奪うと、右サイドのカズやカタタウに預けてカウンターという戦術がハマってましたし、ボールキープしたらしたで今度はショートパスやサイドチェンジでリズムを生み出していましたから、これが何で最初から……と正直言いたくもなりますが(苦笑)、天皇杯や来シーズンにつながる試合内容だったと思います。

選手個人に目を向けると、今日はとにかくカタタウがキレキレだったのが印象的でした。
負傷での途中交代を余儀なくされましたが、あれがなければもっと引っ張れたと思いますしね。
それ以外ですと、根占の攻守に渡る大活躍ぶりが光りましたね。
シーズン途中までは悪くはないんだけど……っていう感じでしたが、ここに来て一皮向けたというか覚醒した?っていう感じですし。
この二人、来季に向けて絶対残留させるしかないっすよ!

あとはやっぱり岩倉ですよねえ……
ここ最近はスタメンで出る機会も増えていただけに、今回の契約非更改が全くもって理解できなかったのですが、今日の試合でそれを確信しました。
ワシントンを完封した選手を何で切るんだよ……マジで再契約しろよフロント!!
若手への切り替えを謳っていながら、今回の契約は納得いかねーぞ!

それから、今日はカズのプレーも光っていたと思います。
自分の足に当ててしまったシュートはさすがにどうかと思うというか、アンチへの格好の餌になってしまったなーと思いますが(苦笑)、阿部を振り切っての根占への絶妙すぎるクロスはそれを差し引いて十分すぎるものだと思いますし、守備でも前線はもちろん自陣ゴール前まで戻ってとその献身さは出色だったと思います。
というわけで、来シーズン以降も体が動く限り戦い続けろ、カズ!!
ただ、

柳沢、しっかりやれよ!

なんて言う前に自分がしっかりやれと言いたいですけどねwww

まだまだ天皇杯が残ってるんで「終わりよければ……」とは言えないところですが、今日の勝利を8日の愛媛戦やそれ以降につなげて、元旦の国立でそう言えたらいいですね。
とにかく、今週末はこの勝利に酔いましょう!

勝ったのは俺たち、横浜だ!!

では。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »

twitter

  • twitter