« So What! | トップページ | 本当に来たよ! »

2007年3月17日 (土)

戒め(川崎戦感想)

【J1:第3節 川崎F vs 横浜FC レポート】大量6得点での勝利に、無失点で花を添えた川崎F。挑戦者、横浜FCを等々力で下す。 [ J's GOAL ]
大敗横浜FC「はい上がらないと」/J1[ニッカン]
「うまい」高木監督お手上げ/J1[ニッカン]

この敗北は、心のどこかで「J1でやれるんじゃないか?」と思っていた我々への戒めだと思いたいです。
そうでなければ、これから先のシーズンを戦っていく意味がないですもの。
俺たちサポも悔しいが、選手や監督、スタッフだってもっと悔しいはずです。
だから、これから先も一度の勝利に浮かれる事なく、地に足をつけて応援し続けていきましょう!!

試合についてですが、分厚い攻撃に堅い守備と何から何まで川崎の方が上でした。
横浜も立ち上がりこそは久保にボールが収まって何度かいい形は出来ていたんですが、守備に追われるようになってからは久保が孤立してしまい、攻撃の形が作れなくなってしまったのが悔やまれるところです。
おまけに川崎の攻撃に振り回される一方になってしまい、守備に落ち着きや粘り強さを欠くようになってしまったのも……
ヨンデが憲剛をマークしていたようですが、その分ジュニーニョやマギヌンを自由にさせてしまったのが痛かったとしか。

それから、今日に限っては監督の采配ミスもあったと思います。
内田の左サイドや奥の右サイドも機能していたとは言い難いですし、ヨンデには憲剛でなくマギヌンをマークさせるという意味で4-1-4-1を取らせるとか、他の策もあったのでは?というのが正直なところです。
あとは……思い切って外国人選手を頭から使うといったところでしょうかねえ。
守備力重視なのは分かるんですが、こうも攻撃の形が出来ないとなると正直限界ですから。

正直言って、今日の敗戦は確かにショックが大きいと思います。
しかし、最初にも書いたようにこれは我々横浜への戒めだと思うのです。
本調子でない浦和や何をやりたいんだか分からない鞠と違って、エンジンのかかってきた優勝候補がどれほどのものなのか、誰もが痛いほど分かったのではないかと思います。
だからこそ、我々は挑戦者なのだということを肝に銘じ、地に足をつけて応援し続けて行きましょう。
我々も悔しいですが、一番悔しいのは選手や監督なのですから。

では。

しっかし、2004年まではこんなスコアはザラだっただけに、久しぶりだと堪えますねえ。
リーグ戦がしばらく休みなだけに、ナビスコや中断期間を使って立て直して欲しいところです。

あと、うちはスカパー未加入なんで、BSや地上波で見られない時は感想は書きません。

では。

« So What! | トップページ | 本当に来たよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/5724518

この記事へのトラックバック一覧です: 戒め(川崎戦感想):

» 「川崎フロンターレvs横浜FC」観戦記 〜始まりの終わり、そしてこれから〜 [Re:F's blogroom]
 改めて言うまでもない。気持ちのいい位にまでの完敗だ。笑うしかない。 川崎フロンターレ 6 (3−0) 0 横浜FC 【得点者・川崎F】 14分 ジュニーニョ 23分 村上 和弘 44分 マギヌン 48分 ジュニーニョ 6... [続きを読む]

» [横浜FC]J1第3節 対川崎フロンターレ戦@等々力 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜はアウェイ等々力で、相性の悪い川崎と対戦。生まれ変わったチームを川崎ファンに見せることができず0-6と惨敗。 勝ち点1は、どのような点差でも勝ち点0ですが、ダービー後の浮かれ頭を元J2仲間に「いい気になるな」と殴られたような敗戦でした。 横浜FC 0(0-3)6 川崎 1... [続きを読む]

« So What! | トップページ | 本当に来たよ! »

twitter

  • twitter