« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月17日 (土)

戒め(川崎戦感想)

【J1:第3節 川崎F vs 横浜FC レポート】大量6得点での勝利に、無失点で花を添えた川崎F。挑戦者、横浜FCを等々力で下す。 [ J's GOAL ]
大敗横浜FC「はい上がらないと」/J1[ニッカン]
「うまい」高木監督お手上げ/J1[ニッカン]

この敗北は、心のどこかで「J1でやれるんじゃないか?」と思っていた我々への戒めだと思いたいです。
そうでなければ、これから先のシーズンを戦っていく意味がないですもの。
俺たちサポも悔しいが、選手や監督、スタッフだってもっと悔しいはずです。
だから、これから先も一度の勝利に浮かれる事なく、地に足をつけて応援し続けていきましょう!!

試合についてですが、分厚い攻撃に堅い守備と何から何まで川崎の方が上でした。
横浜も立ち上がりこそは久保にボールが収まって何度かいい形は出来ていたんですが、守備に追われるようになってからは久保が孤立してしまい、攻撃の形が作れなくなってしまったのが悔やまれるところです。
おまけに川崎の攻撃に振り回される一方になってしまい、守備に落ち着きや粘り強さを欠くようになってしまったのも……
ヨンデが憲剛をマークしていたようですが、その分ジュニーニョやマギヌンを自由にさせてしまったのが痛かったとしか。

それから、今日に限っては監督の采配ミスもあったと思います。
内田の左サイドや奥の右サイドも機能していたとは言い難いですし、ヨンデには憲剛でなくマギヌンをマークさせるという意味で4-1-4-1を取らせるとか、他の策もあったのでは?というのが正直なところです。
あとは……思い切って外国人選手を頭から使うといったところでしょうかねえ。
守備力重視なのは分かるんですが、こうも攻撃の形が出来ないとなると正直限界ですから。

正直言って、今日の敗戦は確かにショックが大きいと思います。
しかし、最初にも書いたようにこれは我々横浜への戒めだと思うのです。
本調子でない浦和や何をやりたいんだか分からない鞠と違って、エンジンのかかってきた優勝候補がどれほどのものなのか、誰もが痛いほど分かったのではないかと思います。
だからこそ、我々は挑戦者なのだということを肝に銘じ、地に足をつけて応援し続けて行きましょう。
我々も悔しいですが、一番悔しいのは選手や監督なのですから。

では。

続きを読む "戒め(川崎戦感想)" »

2007年3月16日 (金)

So What!

【J1:第3節 川崎F vs 横浜FC プレビュー】堅守の横浜FCを相手に、川崎Fはじれない戦いが求められる。 [ J's GOAL ]

1勝2分16敗?

それがどうしたっていうんだ!

古くからのサポーターからしたら、4点5点は平気で取られていた苦い記憶が思い出されるだろうけど、あの時とは全く別物なチームになってるんだし、この試合の内容や結果こそが今季J1でどれだけ戦えるかを問われる試金石になるだろうから、現場・TVの前のサポーターは全ての思いをピッチ上の戦士たちに送ろうではないか!

確かに浦和や鞠に比べると厳しい相手だというのは否めないです。
リーグ随一の攻撃陣に加え高さのあるDFラインはそれだけでも脅威ですから。
ただ、むこうもリーグ戦・ACLの連戦による疲れはあるだろうし、谷口は出場停止、我那覇は怪我で出場が微妙だから我々にもチャンスはあると思います。
何より、箕輪、伊藤、寺田のDF陣は高さこそあれスピードにはもろさがありますから、横浜が得意とする堅守からのカウンターがハマれば……といったところではないかと。
あと、ヨンデにとっては古巣相手の試合となるんで、いつものハードマークで川崎の攻撃を封じ込めて欲しいところです。

まあ何にせよ、過去の呪縛を解き放つという意味も込めて、明日はやってやろうぜ!

では。

続きを読む "So What!" »

2007年3月13日 (火)

GET THE CHANCE!

U-20日本代表チーム ポルトガル遠征(3/18~3/27)メンバー [ JFA ]

宏介がポルトガル遠征のメンバーに選ばれました。
ライバルになるであろう浦和の堤も選出されているけれど、自身の目標である「U-20W杯出場」を目指してこの遠征で実力をアピールして欲しいものです。
ブラジル遠征が無駄ではなかったことを証明するためにも!!

GET THE CHANCE,宏介!!

では。

2007年3月11日 (日)

俺たちが横浜だ!(鞠戦感想)

【J1:第2節 横浜FC vs 横浜FM:横浜FCレポート】9年ぶりの横浜ダービーが実現! 独特の雰囲気の中行われた注目の一戦は、メンタリティの強さが勝負を分けた [ J's GOAL ]
横浜FC、ダービー制し昇格初勝利/J1[ニッカン]
横浜FCがダービーで昇格初勝利/J1[ニッカン]
横浜、前線からのプレスにやられた/J1[ニッカン]
横浜FC ダービー制し歴史的1勝[スポニチ]

タイトルがこちらと同じになってしまいましたが、今日の結果だったら誰だってそう思うでしょう!
もう一度言います。

俺たちが横浜だ!!

今日の試合、ワンチャンスをものにして逃げ切るという横浜の必殺パターンが遺憾なく発揮されたと思います。
鞠に攻められる時間が長かったですが、持ち前の粘り強い守備が最後まで破綻しなかったのは今後に向けて大きな収穫だったでしょう。
特に今日は、和田となかじの両SBの頑張りが大きかったと!!
和田は浦和戦の屈辱を晴らすにふさわしい守備で何度も横浜のピンチを救っただけでなく、積極的な攻撃参加は内田共々横浜の攻撃にリズムを作り出していましたし、なかじはなかじで最後まで集中を切らさない守備が光っていましたから、今日のようなプレーを今後も続けられれば横浜の両サイドは目処が立つのではないでしょうか?
それからDF陣だけでなく、前線からの積極的なプレスも鞠のリズムを狂わせるのに効果的だったと思います。
後半の内田のプレス→久保のあわやシュートか?!という場面はその象徴とも言えるでしょうし、それ以外でも奥やカズ、久保の守備での貢献が今日の勝利につながったかと思います。

課題としては、ダービーという独特の雰囲気からかプレーに正確性を欠く場面が見受けられた事ですね。
不必要なカードを貰ってしまったり、スライディングをかわされてあわやという場面があったんで、どんな局面でも落ち着きを保ち続けてほしいです。
あとは……奥の調子が今ひとつっぽいんで、状態が上向きになる事を祈るのみです。
パスやドリブルといったプレーの精度が、かつてと比べると「こんなもんじゃねーだろ!」と言いたくなるんで、トップフォームを取り戻してもらえればといったところです。

来週の川崎戦は今日の試合とは比べ物にならない厳しい戦いになると思いますが、今日のような試合運びが出来ればかつてのような惨状にはならないと思いますんで、我々は常に挑戦者だという気持ちを忘れずに試合に臨みたいところですね。
そのためには一人でも多くの力が必要なんで、

みんなで行くぞ、等々力!!

では

続きを読む "俺たちが横浜だ!(鞠戦感想)" »

2007年3月 9日 (金)

理由なんかない。

【J1:第2節 横浜FC vs 横浜FM 横浜FCプレビュー】多くの注目が集まる横浜ダービー。様々な思いが交差する三ツ沢でJ1・横浜FCのホーム開幕戦。 [ J's GOAL ]

奴らが横浜に存在する以上、叩き潰すしかないだろ。
"本物"がどっちなのか、奴らに思い知らせてやろうぜ!!

試合としては、久保と奥には古巣相手に目にもの見せてもらいたいところだし、山瀬・マルクス・マルケスといった中盤をうちの守備陣がどれだけ抑えられるかにかかってくるのではないかと思います。
師匠(笑)は出場停止だけど代わりが大島というのが厄介といえば厄介なんで、そこら辺にも要注意かと。
インフルエンザでトモキチが欠場というのは痛いけど、代わって右に入るだろう和田には浦和戦の雪辱を果たしてもらいたいところですし、初スタメンが予想されるなかじにはここ一番での集中力を発揮してもらいたいです。
とにかく、俺たちが本物だという事を傘を回すしか能のない連中に見せ付けてやろうぜ!!

では。

2007年3月 4日 (日)

ここからが、スタート(浦和戦感想)

【J1:第1節 浦和 vs 横浜FC レポート】横浜FCの健闘報われず。浦和、苦しみながらも勝点3を獲得 [ J's GOAL ]
横浜FCは久保弾で追いつくも黒星/J1[ニッカン]
横浜FC久保が“驚”弾/J1[ニッカン]

試合はああいう結果に終わったけど、収穫も課題も見つかったからそれを次に活かして欲しいといったところですね。
それよりも、負けたことより勝ち点1を取れなかった事が悔しいです、今は。
そうそう簡単に勝たせてもらえるほど甘くないのがJ1だし、だからこそ我々も「引き分けでもよし」と時には現実的な思考をしなければならないかと思います。
勝ち点1の重みは昨シーズンの終盤で痛いほど実感してきましたし、今シーズンもそれは同じ事だと思いますから。
とはいえ、次のダービーは勝利が至上命題なんですけどね!
次こそやってやりましょう。
絶対勝つ!!

収穫についてですが、チームとしては守備にある程度の目処が立った事だと思います。
浦和に終始押し込まれる展開でしたが、早川と小村がワシントンに仕事をさせず、和田が左サイドでよく踏ん張ってくれたというのは今後に向けて明るい材料だと思います。
(2失点に絡んでしまったのはやむを得ないかと)
それに、菅野がいつも通りの菅野だったというのも。
さすがにパンチングでしのぐ場面が多かったですが、山田のFKを弾き出したりネネのシュートをがっちり押さえたりと好セーブを見せてくれたんで、今シーズンもやってくれるのではないかと!
相手が不調の浦和とはいえ、ひとつひとつのプレーの精度やスピードはさすがにJ1といったところだったんで、守備に関しては今後に向けて大きな手ごたえを得たのではないでしょうか。

課題としては、プレーの精度を高める事や判断をより速くといったところでしょうね。
中盤にボールが入るとそこからの詰めが恐ろしく早いんで、そこでボールを奪われて……というケースが間々見られましたし、相手の詰めの速さ故のパスミスというのもありましたから。
何より、ペナルティエリア近くでボールを持った際にシュートを打つのかスルーパスを出すのか即座に判断しないと、すぐに前を塞がれてしまって何も出来ずに後ろに戻すという事にもなってしまいますから、その辺での判断の速さは今後の課題でしょうね。
それは選手だけでなく、監督も同様かと。
後半途中から押される展開が続きましたが、そこですぐに選手を代える決断をしないと流れを自分たちに引き戻せないですから、思い切った決断を監督には望みたいところです。

選手についてですが……

ドラゴンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この一言に尽きるかと!!
ボールキープや裏への抜け出しなどの動きから、調子が上向いてるなとは感じてましたが、まさかあれだけのゴールを決めるとは!!
(広島時代にも同じようなゴールを決めてたはず)
これで今週末の横浜ダービーがますます楽しみになってきたというものです。
頼むぞドラゴン!
というわけで、昨日の動画を置いておきます。
ゴールも凄いんだけど、決まった瞬間のゴール裏のカオスっぷりも相当なものです。

それから、昨日の試合は山口様々でしたね。
守備は勿論ですが、随所に気の利いた球捌きを見せてチームにリズムと落ち着きをもたらしていたのは、さすがにベテランの味と言ったところでしょうね。
それに時折見せたロングシュートも攻撃のアクセントとして活きていたように思いますし。
……宇宙開発はお約束だと思わないと(笑

他の選手だと、薮田は久保のフォローでよく働いてたんで、あとはよりチャンスを作り出せればという感じでしたし、奥は消えてる時間が多かったのが今ひとつだったかなと。
ヨンデは守備ではよく奮闘してたけど攻撃では今ひとつという感があったので、昨シーズンのように山口と組んで自身は潰し役に専念した方が生きると思いますね。
試合前から個人的には滝沢・トモキチのアーリークロスを期待してたんですが、滝沢は左サイドを崩せずじまいでしたし、トモキチは相馬の突破に前に出られずじまいだったのが残念なところでした。
久保はアーリークロスに頭やボレーで合わせるのが得意なんで、少しでも多くそういった場面を見たいですね。
あと、2chでウッチーが叩かれまくってたけど、左サイドという不慣れなポジションもさることながら、勝ちに行くのか
引き分けでよしとするか方針が統一されていなかったのも原因だと思うんで、たかだか1試合で判断するんじゃないと。
(浦和のプレッシングも相当なもんでしたけどね)
ていうか、こちとらウッチーは2002年から見てるんで、素人は半年黙って見てろと言いたいですな。
ま、ウッチーはこれもいい勉強だと思って次につなげていって欲しいですね。

今週末はいよいよ横浜ダービーですが、クルクル傘を回すしか能のない連中に負けるわけにはいかないんで、絶対に勝とう!!
特に久保と奥には、古巣を見返す意味でも絶対にやってくれと!!

では。

続きを読む "ここからが、スタート(浦和戦感想)" »

2007年3月 2日 (金)

時、来たれり。

【J1:第1節 浦和 vs 横浜FC プレビュー】開幕屈指の注目カード! J1覇者の浦和、得意のホームにJ2王者・横浜FCを迎える [ J's GOAL ]

戦前の予想では浦和有利なんだろうけど、何が起こるか分からないのがサッカーというものだし、俺たちが選手・監督・そして横浜というチームを信じない事には、誰があいつらを信じてやれるんだっての!
だって、明日は勝つために埼スタへ乗り込むんだろ?
だからこそ、去年からずっと掲げ続けてきた

エンジョイする心

団結心

を胸に明日の、そしてこれから先の試合を戦っていこう!
そして、俺たちは常に挑戦者なのだという事を忘れる事なく!!

最後に、

やろうぜ!

やってやろうぜ!!

四方八方の赤い壁を黙らせてやろうぜ!!

では。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

twitter

  • twitter