« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月23日 (土)

決める時に決めないと……(草津戦感想)

2006 J2 第41節 横浜FC対ザスパ草津[J's Goal]
横浜FC、集中力切れ2失点/J2[ニッカン]

こうなるっていう典型的なパターンの試合だったように思います。
前半に何度かあったアレモンのキーパーとの1対1しかり、後半の城のどフリーでのヘッドしかり。
しかも失点は城がヘッドを外した直後ですからねえ……決めるべきところで決めるのがエースの証だというのに。
俺たちは、笠松で2得点を叩き出した城が見たかったんだ!!
で、アレモンもアレモンで次節の仙台戦は出場停止というのがまた痛いですが、ここ最近は調子を落としてる感があるので、体を休めて山形戦に備えて欲しいものです。
今日もそうだったけど、今までだったら決まってたシュートがことごとく外れてますからねえ……早くゴールハンターとして復活して欲しいものだと。

2トップ以外だと、今日はとにかく右サイドが効いてなかったですね。
オッパは怪我の影響か動きに精彩を欠いてましたし、ウッチーはウッチーで消えてたし……思い切ってこの二人をスタメンから外すという策も必要なのでは?
特にオッパは怪我を治すということを最優先で。
かといって左はどうだったかというと、滝澤も滝澤でいつものような怖さがなかったのがなんとも。
クロスばかりだけでなく、ドリブルで内へ切り込んでのシュートとか見たかったんですけどね。

あと、今日は全体的に出足で草津に負けてましたね。
確かにシーズンも終盤に差し掛かりつつあって、疲労の蓄積も相当なもんだとは思いますが、楽して勝てるような相手なんて下位にだっていないんですから、ここは気力でカバーして欲しいもんだと。

次の仙台戦はアレモンと早川が出場停止ですが、早川の穴はヨンデがCBに入れば埋まるんでそこは特に心配はしてないんですよ。
早川抜きで何試合かやってますから、選手だって慣れてるでしょうし。
で、問題なのは攻撃なんですが、ここ最近はいい意味でも悪い意味でもアレモン頼みになっていたんで、彼抜きでもやれるんだって所を見せて欲しいです。
城の1トップでウッチーがトップ下ってのもアリでしょうし、坂井や岩倉が調子いいんで彼らをスタメンで使ってみるというのも賭けかもしれないけど、それもまたアリでしょうし。
いずれにせよ仙台は鳥栖に敗れ、柏も徳島相手にドローとサッカーの神様は横浜にまだまだ味方してくれてるんで、次の仙台戦で今日の敗戦が無駄ではなかったという事を証明しましょう!!

では。

初国立

【J2:第41節 横浜FC vs 草津 プレビュー】勝ち点差1の中に上位3チームがひしめく中でも横浜FCに気負いはなし!国立をホームに草津を迎え撃つ。 [ J's GOAL ]

確かに対戦成績上では横浜が優位に立ってるんだけど、試合内容自体は毎試合すっきりしないというか苦戦というか……まあそんな感じなんで、下位相手だからといって気を緩める事無く臨んで欲しいものだと思います。
心配されたアレモンの怪我ですが、幸いな事に大した事なかったようなんで(というか本当に何もなかったのかも)、明日は頭から全開で草津ゴールに襲い掛かって欲しいものです。
守備に関しては、なかじの穴はトモキチがきっちり埋めてくれることでしょうから、草津の両サイドをソンヨンとともに封じ込めて、滝澤・内田のサイド突破に結び付けて欲しいですし、山口のパスの受けどころとして積極的な攻撃参加を仕掛けて欲しいです。
あとは最近威力を発揮してるセットプレーですねえ……ここは滝澤だけでなく内田にも積極的に蹴って欲しいものだと。
いずれにせよ、草津は守備陣に故障者が続出してるんでつけ入るスキはあると思いますが、『上位いじめ』という事でモチベーションは高いと思うんで、ここは最後まで集中!

それから、国立開催なんでいつもとは勝手が違うと思いますが、いつものように手拍子と声で選手たちを迎え、盛り立てていきましょう!
それでは10時に、千駄ヶ谷門で!!

では。

2006年9月21日 (木)

千駄ヶ谷門で会いましょう

決起セヨ


今度の草津戦はいつもの三ツ沢じゃなくて国立での開催になるんで、今まで以上にホームとしての雰囲気作りが大事になってくると思うんですよ。
現時点では当日に何をやるかというのは告知されてないんですが、横浜を愛してるという人でしたらどなたでも参加大歓迎なんで、普段の立ち位置とかそういうのは抜きで一緒に盛り上がっていけたらと思います。
そして、その勢いで草津も撃破してさらなる戦いに臨んでいきましょう!

ちなみに、千駄ヶ谷門の最寄り駅はJR千駄ヶ谷駅か都営大江戸線国立競技場駅です。
うっかり信濃町駅や外苑前駅で降りちゃうと、苦労しますぜ(笑)

では。

2006年9月18日 (月)

山形戦バスツアー

Banneryamagata

水戸の次は山形!!

ということで、山形戦バスツアーのお知らせです。
今回も喫煙車・禁煙車が設定されておりますので、水戸戦バスツアーに参加された方は勿論ですが、参加できなかった方の申し込み、お待ちしております。
(申し込み締め切りは9/27 24:00です)
ちなみに今回は東京発の設定もありますので、東京組の方も安心かと。
今回もサクッと勝ち点3をいただいて

グッバイ、山形!!

といきましょう!

では。

2006年9月17日 (日)

鬼門突破(水戸戦感想)

2006 J2 第40節 水戸ホーリーホック対横浜FC[J's Goal]
疲労がピークの中、横浜FCが勝利/J2[ニッカン]

まず初めに、これだけは言わせてください。

グッバイ、笠松!!

今まで勝てなかった笠松でようやく勝つ事が出来て、これで心置きなく昇格へ挑めるってもんですよ!
確かに、試合内容としては柏戦と比べると首を傾げざるをえないものだったと思います。
連戦の疲れからか立ち上がりの動きは悪かったですし、水戸の速攻に振り回されてファールで止めざるを得ない場面が相次いでましたから。
ただ、そこを何とかしてくれるところが城のエースたるところで、先制点を挙げてから横浜の動きが見違えるようによくなり、ディフェンスラインも落ち着きを見せるようになりましたからねえ。
2点目にしても、取った時間(前半終了間際)も効果的なら得点までの流れも非常に美しいものでしたし、これで3点目さえ取れてれば楽に試合を終わらせる事が出来たんですが(苦笑)
その意味では、後半の戦い方は課題としてきちんと修正していかなければならないと思いますが、追い付かれることなく試合を終わらせる事が出来たのは評価すべき点でしょうね。
私の目で見た限り、水戸は序盤と得点の場面以外は攻め手を失ってたように見えましたから、それだけ横浜の守備が悪いなりにもツボを押さえたものだったのではないかと思います。
惜しむらくは、なかじが累積警告で次節は出場停止となってしまうという事ですが、今の横浜はトモキチやチェ・ソンヨン、それに岩倉のおかげでサイドの穴を感じさせなくなっているんで、草津戦には問題なく臨めると確信する次第です。
次の草津戦はチーム初の国立ホームとなりますが、いつもの三ツ沢と同じように声と手拍子で選手たちを盛り立てていきましょう!

では。

続きを読む "鬼門突破(水戸戦感想)" »

2006年9月16日 (土)

行ってきます

お土産は勝ち点3と水戸納豆ってことで。
あと、遅刻厳禁ね。

では。

第4クール、突入

【J2:第40節 水戸 vs 横浜FC プレビュー】笠松で1度も勝利したことのない横浜FCを迎え撃つ水戸。もう1度、守備の意識を強めて勝ち点3を狙う。 [ J's GOAL ]

最後の笠松、勝って横浜に帰ろうぜ!!

アンデルソンに西野、椎原といったところが水戸では要注意だけど、前節のようなしっかりとオーガナイズされた守備を見せれば問題はないと思うし、三ツ沢で追い付かれた事を教訓に出来ていれば最後まで集中を保ち続けられると思います。
何より、今の横浜は早川となかじの復帰で守備に前半戦のような安定感が戻ってきているし、攻撃にしても滝澤がアウグストの不在を全くといっていいほど感じさせない働きを見せたり、北村や富永がキレのある動きでリズムをもたらしてるんで、「引いて守る相手に弱い」という横浜のイメージを払拭できるのではないかと思います。
勿論、城の復帰が最大の好材料である事は言うまでもないことなんですけどね。
いずれにせよ、これが最後の笠松になると思うんで、現地組・留守番組全ての気持ちを結集して横浜に勝ち点3を!!

では。

2006年9月14日 (木)

勝った!!(柏戦感想)

>2006 J2 第39節 横浜FC対柏レイソル[J's Goal]

まずはじめに

勝ったぞー!!

スコアは1-0だったけど、内容では横浜の完勝だったと思います。
とにかく点が入るまでは中盤でのプレス合戦で双方ともノーチャンスだったんだけど、ワンチャンスをモノにした事で流れを横浜に引き寄せられたというか。
その意味じゃ、ヨンデの今季初ゴールは正に値千金だったかと思います。
今まで、バー・ポスト直撃だったり西が丘での幻のゴールと色々ありましたから……
先制してからは「ハマナチオ復活」と言っていい位の鉄壁の守備で、フランサや由紀彦に仕事をさせなかったし、ボールを奪ってからのカウンターがとにかくよくハマったし……この一勝はマジで大きいですよ。
あと、なかじ・岩倉・早川といった負傷組がピッチに帰ってきたのと、2試合連続無警告というのも大きな収穫。
右のバックアップとして岩倉の役割は大きいですし、なかじと早川の復帰はイコール守備の安定ですから。
とにかく今日は、出場した全ての選手が自分たちに課せられた役割をきちんとこなしていたんで、このまま次の水戸戦にいい流れで臨んで欲しいものです。
未だ成し得ていない「笠松での勝ち点3」、今度こそ!

では。

2006年9月12日 (火)

決戦前夜

【J2:第39節 横浜FC vs 柏 プレビュー】上位対決、第3クール 最後の大一番。勝利の女神はどちらに微笑むか!? [ J's GOAL ]

こんな痺れるような試合、滅多に味わえないんだ。
明日は目一杯、三ツ沢で楽しもうぜ!

では。

やっちまえ、宏介!

太田宏介選手U-19(FIFA U-20 ワールドカップ 2007)日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー選出のお知らせ [ 横浜FC ]

例え追加召集とはいえ、呼ばれた事に変りはないんだから、思いっきり自分をアピールしてこいって!
周りは錚々たる顔ぶれだけど、自分のプレーに自信を持って、な。

では。

水戸戦バスツアー

Gotokasamatsu_1

(ツアー申し込み締切日の9/11まで一番上に上げます)

水戸戦バスツアーが発表されました。
今回は喫煙車(BLU BUS)と禁煙車(BIANCO BUS)の2台を用意する事になりましたので、「バスツアーに参加はしたいけど、タバコが……」という人でも大丈夫です!!
今まで参加した事がないという方も、この機会に参加してはみませんか?
そして、勝ち点3を土産に「サヨナラ笠松!」といきましょう!

では。

【9/3追記】
笠松へ初めて行かれる方へ。
「笠松なんて何があるの?」とお思いになるでしょうが、女将も書かれていますように、笠松はとにかく

美味しい!!

ので、向こうに着くまでに出来るだけお腹を空かせておいた方がいいですよ。
何しろ、向こうではパエリヤやパスタ、マーボ丼にタンタン麺、モツ煮込みにケーキが待ってるんですから!
それもシェフやパティシエの作った本格的なものばかりですからね。
というわけで、美味しいものも勝ち点3もまとめていただいてしまいましょう!(笑)

【9/10追記】
おかげさまで、申込者数が106名を突破しました!
申込締切は11日24時となっておりますので、申し込みがお済でない方は大至急申し込み願います。

【9/12追記】
申し込みは締め切りましたが席に若干の余裕がございますので、まずは一度お問い合わせ願います。

2006年9月10日 (日)

次へつながる「引分け」(緑戦感想)

2006 J2 第38節 東京ヴェルディ1969対横浜FC[J's Goal]
横浜FC高木監督は選手褒める/J2[ニッカン]
カズ8戦ぶりスタメン!不発も満足/J2[ニッカン]

昨日の試合、確かに勝てませんでした。
けど、アウェイで勝ち点1という最低限の結果は出したし、試合自体だって悪い内容じゃなかったです。
欲を言えば、前半の途中から滝澤が左サイドで効き出していたんで、そこで勇気を出して攻めていければ……というのはあったんですが。
滝澤の場合、スタミナに不安があるだけに余計に。
後半からルイスを投入した事で「右ルイス、左滝澤」という超攻撃的布陣になりましたが、これで流れを横浜に引き込めたと思うんで、ルイスのケガの程度にもよりますが柏戦での武器になるのではと期待したいです。
あと、忘れちゃいけないのが

俺たちの富永

ではないかと!
確かにゴールこそなかったけれど、練習試合で結果を出し続けてるというのが納得な動きのよさだったと思います。
前線でのターゲットマンしかり、相手DFへの積極的なプレスしかり。
惜しむらくは、FKに頭で合わせようとしたのが肩に当たってしまったのが……フリー気味で合わせただけに、ゴール裏で思わず頭を抱えてしまいました。
ただ、今の好調さを維持し続けてれば柏戦での出番は必ずあるんで、その時こそゴールを!

守備については、緑のシステムや選手が前回対戦とは違ってたんで、その辺の戸惑いから押され気味だったとは思いますが、流れの中ではきちんと対処していたと思います。
同点に追い付いてからは前からの積極的な守備が機能していたんで、再三のカウンターによる突破にもつながっていましたし。
海本・石川の両サイドへの対処はどうかなと思いましたが、そこは崔とトモキチがよく守っていたと思います。
ただ、小村がサイドへ引っ張られるケースがあったんで、そこは改善の余地ありかと。
セットプレーでの守備については、柏もプレイスキックの精度が高い選手が揃ってるんで、マークの徹底を図って欲しいところです。
昨日もゼ・ルイスが失点以外にもあわやという場面を見せていましたから。

もっとも、昨日の試合での最大の収穫は、横浜の選手が誰もカードをもらわなかったという事でしょうね。
アレモンにルイス、ヨンデとチームの鍵となる選手が出場停止にならずに柏戦を迎えるのは、チームにとって非常に大きいですし、柏は拍手DF陣に出場停止が続出してますから、そこを突いて勝ち点3をものにしたいところです。
平日ですが、俺たちの丘へ一人でも多く集結して、横浜に力を!

では。

2006年9月 8日 (金)

引導を渡せ

【J2:第38節 東京V vs 横浜FC プレビュー】昇格は諦めない!東京Vが残り13試合のサバイバルゲームに挑む。今節はライバル・横浜FCと激突。 [ J's GOAL ]

10連勝だとか何とか向こうは言ってるみたいだけど、ここらできっちりと引導を渡しとかないとって感じですね。
城が2試合出場停止なのが厳しいところですが、そこは代わって出る選手に頑張ってもらわないと。
エルゴラでは北村が予想スタメンに挙がってますが、カズや富永にもチャンスは充分あると思うんで、ゴールが見たいところです。
あと、守備陣に黄色三枚が続出してるのも柏戦を考えると……なんですが、そこは今の試合に集中して緑の攻撃陣を完封して欲しいです。
何しろ緑は、コンビネーションはともかくとしても個々の能力が高い選手が揃ってるんでそこら辺は侮れないし、海本と石川の両サイドは要注意ですから。
トモキチやオッパ、コバヒロにはしっかりと向こうの両サイドを抑えてもらいたいですね。

明日は西が丘だから横浜からも近い事ですし、アウェイ側を青と白に染めて選手たちを盛り立てていきましょう!
そして、勝って次の柏戦につなげていきましょう!
エンジョイ!昇格!

では。

2006年9月 4日 (月)

オカエリナサイ

9月23日(土)ザスパ草津戦 ガチンコエキシビジョンマッチ「戦〜IKUSA〜」開催決定! [ 横浜FC ]

という事はだ、

利き足は、ア・タ・マ

なあの人も当然出るって事ですよね?!
つーか、本人出る気マンマンらしいですし!(笑)
久しぶりにコールできるのも込みで、23日が楽しみになってきましたわ。

では。

2006年9月 3日 (日)

終わったわけじゃない(神戸戦感想)

2006 J2 第37節 横浜FC対ヴィッセル神戸[J's Goal]
横浜FC高木監督、恩師に苦杯/J2[ニッカン]

まず最初に、

まだだ、まだ終わらんよ!

と言いたい。
だって、これで"終戦"ってわけじゃないんだろ?
だったら次の緑戦に向けて気持ちを切り替える事の方が、よっぽど大事だと思うんだけどな。
それに……今日の試合は悲観するほどの内容じゃないよ。
アレモンが神戸の守備陣に抑えられたり、中盤でボールを拾えないといった面はあったけど、これはもう神戸の出来が正直良過ぎたとしか。
横浜だって小村が移籍直後とは思えないほどチームにフィットしてたし、それ以外の選手も体を張って神戸のシュートを止めたりとよく守っていたと思うんで、これを他のチーム相手でもやれれば……と考えたら、勝ち点のさらなる上積みは望めると思う。
あとはアレモン以外でどうやって点を取るかということと、城抜きで緑-柏とどう戦っていくかなんだよねえ……(´・ω・`)
それには、サブ・ベンチ外も含めた残りの選手の頑張りにかかってると思うんで、常日頃からいつでも試合に出られるよう調整に励んで欲しいものだと。
あと、富永には誰もが期待してるんで、その期待に応えて欲しいところ。
頼むぞ、"俺たちの"富永!!

最後に

11/18の神戸ウィング、横浜を愛してる人は全員集合!!

今日の借りを返す場所は、あそこ以外考えられねーからな。
三ツ沢のピッチに乱入したり胴上げしたりした件も全て込みで。

では。

続きを読む "終わったわけじゃない(神戸戦感想)" »

2006年9月 1日 (金)

狙うは勝利のみ

【J2:第37節 横浜FC vs 神戸 プレビュー】共に勝点は63、得失点差+20で並ぶ両チーム。総得点で上回る神戸か、リーグ1の失点の少なさを誇る横浜FCか。2位と3位が激突! [ J's GOAL ]

向こうは監督のラストゲームらしいけど、そんなのこっちの知ったこっちゃないわけで。
横浜が目指すのはただひとつ。

勝利!!

だけだから。
そのためには三浦、カンジョ、栗原、それにホルヴィは抑えなければならないし、トーメを中心とした守備陣を切り崩していかないと。
横浜としては札幌戦で見せた右オッパ、左トモキチのサイドで勝負してくるはずなんで、この二人で両サイドを抑えることが出来れば必然的に山口のパス捌きにも冴えが一層増すはず。
そして、城・アレモン・ルイスに繋いで決定的な仕事が出来れば……!!
あと、忘れてはいけないのが小村の存在。
先発にしろサブにしろ出番は必ずあるはずなんで、その時はハードな守備と打点の高いヘッドで横浜に勝利を!!

明日の試合、試合終了まで俺たちの声で選手たちを走らせ続け、絶対に勝たせよう!

では。

去る人

望月重良選手 契約期間満了のお知らせ[横浜FC]
元日本代表MF望月が横浜FC退団[ニッカン]

小村入団発表の影に隠れるようなかたちになりましたが。
プロである以上避けられない事ではあるんですが、横浜で過ごした約1年という月日を無駄にして欲しくないなと思う次第です。

では。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

twitter

  • twitter