« 理想と現実(山形戦感想) | トップページ | この結果を、意味あるものにするためにも(仙台戦感想) »

2006年8月23日 (水)

敵は仙台にあり。

【J2:第35節 仙台 vs 横浜FC プレビュー】仙台は「原点回帰」で、横浜FCは新戦力を前面に出し、このカードの初勝利を狙う。「勝ち点6」ほどの意味を持つ一戦の結末は? [ J's GOAL ]

確かに勝てば首位なんだけどさ、その前に仙台を昇格争いから叩き落すのが先だろうと。
柏が緑に大敗したから期待したくなる気持ちも分かるけど、今は気持ちを引き締めて臨むしか。
仙台だって前節の札幌戦で大敗して後がなくなってるから、いつも以上に猛攻を仕掛けてくるだろうし、ましてや場所はユアスタだ。
現地組は勿論だけど、留守番組もいつも以上に選手たちの力になるよう思いを北へ送るようにしていかないと。

ルイスと内田を出場停止で欠き、早川も出場が微妙という苦しい台所事情な横浜だけど、こんな時だからこそ残りのメンバーの奮起してもらいたいところ。
ルイスと早川のポジションには、滝澤と室井が山形戦同様入る事になると思うんで、ここに関してはある程度計算が立つのではないかと。
室井には仙台攻撃陣を食い止めて欲しいし、滝澤には山形戦のようなクロスや鳥栖戦のようなゴールといった決定的な仕事をして欲しいです。
で、残るは内田の代わりに誰が入るかなんだけど……ケガからの回復具合によっては吉野のボランチというのもアリなんでしょうが、ここはチェ・ソンヨンの豊富な運動量と球際の強さに期待。
で、右サイドには山形戦で攻守にいい動きを見せていた吉武で。
はっきり言ってスタメンもサブもどうなるか読めない状況だけど、総力戦でこの大一番を勝利に結び付けてくれ!

この試合、同じ上位陣とのアウェイ戦でも7月の柏戦(柏の葉)や6月の神戸戦(ウィング)とは比べ物にならないくらいの重要度なのは間違いないはず。
だからこそ、昇格争いに名乗りを挙げるという意味でも、仙台を叩くしか!!
何しろ、これから先はこんな試合ばっか続くんだから。
それが例え下位との試合であっても。
俺は職場のPCで速報を見ながら勝利を祈るしか出来ないけど、現地組には留守番組の分まで選手たちに力を!!
頼むぞ、マジで!

では。

« 理想と現実(山形戦感想) | トップページ | この結果を、意味あるものにするためにも(仙台戦感想) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/3174644

この記事へのトラックバック一覧です: 敵は仙台にあり。:

« 理想と現実(山形戦感想) | トップページ | この結果を、意味あるものにするためにも(仙台戦感想) »

twitter

  • twitter