« 心臓に悪すぎる(水戸戦感想) | トップページ | 真価が問われる一戦 »

2006年8月12日 (土)

『安全パイ』なんて存在しない

【J2:第33節 草津 vs 横浜FC プレビュー】壁を打ち破る瞬間がやって来た!自信をつかんだ草津が、初の連勝を懸けて横浜FCに挑む。 [ J's GOAL ]

相手が強気に出ている事は置いといて、今季の草津が侮れない存在になっているというのは我々も身に沁みて実感してると思うので、島田や高田をいかに抑えるか、鳥居塚を中心とした守備をいかにして崩していくか、そこがポイントになるのではと思います。
横浜で注意する点としては、前節2失点を喫した守備と相変わらずな試合運びの拙さの立て直しだと思います。
今のJ2はたとえ下位と言えども勝ち点3が計算できるチームはほぼ存在しないといっても過言ではないでしょうから、試合終了まで気を緩める事のないようにして欲しいです。
特に、左サイドの守備についてはコバヒロだけでなくほかの選手がフォローする事で危機を未然に防いでほしいものだと。
攻撃では、アレモン・アウグスト・城のコンビネーションが完成の域に達しつつあると思うので、それ以外の選手の活躍でしょうね。
内田はまだまだこんなもんじゃないでしょうし、チェ・ソンヨンも個人の能力の高さでどうにかしてるとはいえ、他選手との連携が深まればといったところですし。
いずれにせよ、課題だった決定力不足の解消にメドが立ってきたと思うんで、あとは守備とのバランスだけでしょうね。

時期が時期なんで前橋に行けないという方も多いかと思いますが、そんな人たちの分まで現地組の皆さん、よろしくお願いします!!

では。

« 心臓に悪すぎる(水戸戦感想) | トップページ | 真価が問われる一戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/3026878

この記事へのトラックバック一覧です: 『安全パイ』なんて存在しない:

« 心臓に悪すぎる(水戸戦感想) | トップページ | 真価が問われる一戦 »

twitter

  • twitter