« こぼれ落ちた勝利(湘南戦感想) | トップページ | 今こそ、初心を(愛媛戦感想) »

2006年7月25日 (火)

真のリベンジ

【J2:第30節 愛媛 vs 横浜FC プレビュー】横浜FCをホームに迎え、開幕戦の歓喜を再現したい愛媛に「梅雨明け」は訪れるか。 [ J's GOAL ]

三ツ沢では勝利したとはいえ、開幕戦の雪辱をという意味では愛媛で勝たないと意味がないでしょう。
湘南戦は言ってしまえば横浜の自滅といってもいい結果だったんで、「きちんと試合を終わらせる」という事を頭において試合を進めて欲しいし、もっと言えば取れる時に追加点を取って楽に試合を終わらせるようにしないと。
それでなくても愛媛は守備の意識が高いし、前節だって仙台相手に一時リードしてたくらいなんだから、千島や松下といった新戦力も込みで油断は禁物ですし。
まあ、新戦力といえば横浜だってアレモン・滝澤が結果を出しているし、崔成勇もどうにか間に合いそうなんで、彼らの働きに期待したいところです。
あと、これは監督へのお願いなんですが、カズを無理に交代させる必要はないんでフル出場もアリという事でひとつ(笑)
明日は職場でJ'sの速報にかじりついてると思うんで、吉報を神奈川の空の下で待つ次第です。
開幕戦の真のリベンジ、今こそ果たせ横浜!!

では。

« こぼれ落ちた勝利(湘南戦感想) | トップページ | 今こそ、初心を(愛媛戦感想) »

twitter

  • twitter