« この敗戦を、必ずや次の糧に(水戸戦感想) | トップページ | スタメン »

2006年6月 6日 (火)

総力戦

【J2:第20節 山形 vs 横浜FC プレビュー】前節でいい流れが途切れた山形と横浜FC、よどみから脱するための正念場の戦い! [ J's GOAL ]

山口と早川が出場停止、怪我の程度によっては軍曹の出場もどうかという状況なだけに、ここは文字通りのチーム一丸となって総力戦に臨んで欲しいものだと思います。
状況が状況なんで、秋葉や金澤の先発だってありうると思うし、そうなったらそうなったでこのチャンスを最大限に活かして欲しいですね。
あと、レギュラー陣は自分からボールをもらいに行ったり、相手より一歩でも早くボールを奪いに行く積極さをこういう時にこそ見せて欲しいです。
この前の敗戦で記録とかそういったものに縛られなくなったわけですから、今こそ初心に帰ってアグレッシブなプレーを。
それから、第二クールから手をつけると言っていた攻撃ですが、ここ最近の決定力不足を見る限り悠長に構えてもいられないんで、一刻も早くアジアの大砲の手腕を見せて欲しいものです。
何しろ、山形はレアンドロや財前、それにうの字を中心とした攻撃が予想されるんで、彼らに仕事をさせないためにも攻撃で押し込んでいく必要があるかと思いますから。
札幌戦のメンバー表を見ると、サブに佐々木がいるからそこにも注意を配らないといけないですし。
難敵っつーかありとあらゆる意味でムカつく山形を叩いて、上位に食らいついていくしか!!

では。

それにしても……何で東北の連中ってああも粘着極まりないんだろうねえ。
仙台と山形の皆さんも、毎回毎回ご苦労なこってwww
ていうか、そんな東北の血が自分にも半分流れてるかと思うと……親を選ぶ事は出来ないからしょうがないんだけどね(苦笑)

« この敗戦を、必ずや次の糧に(水戸戦感想) | トップページ | スタメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/2105542

この記事へのトラックバック一覧です: 総力戦:

« この敗戦を、必ずや次の糧に(水戸戦感想) | トップページ | スタメン »

twitter

  • twitter