« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

決定

アレモン選手 京都パープルサンガより期限付き移籍加入 [ 横浜FC ]
京都アレモンが横浜FCへ期限付き移籍[ニッカン]

というわけで、移籍決定。
高さと速さを兼ね備えた選手なんで、城-カズに割って入れるよう頑張って欲しいものですね。
あと、守備意識が高いというのもマル。
いくら横浜のウリが堅守だからといったって、前線から積極的に守備に貢献してくれるのとそうでないのでは、後ろの連中の負担が段違いに変わってきますから。
滝澤共々、緑戦に間に合えばいいんですが……柏戦からというのが妥当な線でしょうか?

これで残る外国人枠は後ひとつですが、ここはどう考えてもDF、それも長身のCB以外あり得ないでしょ。
それでなくてもトゥイードが抜けて、攻守の両面で高さ不足が深刻になってきてるんですから。
というわけで、社長のドイツ土産をwktkしながら待ってますwww

それから、緑の新外国人についてはスルーで。
攻撃の選手を獲るってのは"らしい"んだけど、補強のポイントがズレてないかい?www

では。

2006年6月27日 (火)

本気だと信じて……いいんだな?

ここ最近、色々と動きがあったんでまとめて。

滝澤邦彦選手 加入のお知らせ [ 横浜FC ]

今シーズンは無所属が続いていたけれど、名古屋での実績は知られているところだし、中盤ならどこでもこなせそうなんで、まずまずの補強をしたのではないかと。
左ならルイスのバックアップだろうし、右に入ればウッチーをセンターに回す事が出来るから、より攻撃的な展開に持ち込めそうですし。
何よりズデンコに「レアル・マドリードでも通用する」と言われたくらいなんだから(笑)、これから一層厳しさを増すリーグ戦でその実力を発揮してくれ!

で、来る人があれば去る人もいるわけで

イザイアス選手 契約解除のお知らせ [ 横浜FC ]
横浜FCがイザイアスとの契約解除[ニッカン]

ザザ……。゚(゚´Д`゚)゚。

PSMで見せたシュートは期待させるに充分かと思ったんですが……ベンチ入りしても出番は回ってこないし、練習試合でも動きがイマイチとかでどうかなと思ったら、やはりというか。
今回は残念だったけど、次の場所での活躍を祈る次第です。

で、やばいぞスレが加速するに充分すぎる燃料がニッカンに(笑)

横浜FCが京都FWアレモン獲り[ニッカン]

"濃厚"って書いてあるくらいだから、あとは発表待ちなんだろうけど……滝澤といいアレモンといい、今までのその場しのぎな補強とは違って、本気な匂いがプンプン漂ってくると思いませんか?
それに、イザイアス契約解除で外国人枠がまたひとつ空いたわけですから、さらなる補強というのも十二分に考えられるところですし。
となると、トゥイードの穴を埋めるべくCBの獲得が妥当なんだろうけど……だからといって京都のリカルドってのも安易過ぎないか?(苦笑)
何たって、社長のドイツ土産がまだなんですから(笑)
というわけで、横浜の選手補強についてはまだまだ目が離せないかと。

では。

2006年6月25日 (日)

妥当な「勝ち点1」(神戸戦感想)

2006 J2 第24節 ヴィッセル神戸対横浜FC[J's Goal]

25対9というシュート数が示すように神戸ペースで試合が進んでいただけに、引分けという結果はアウェイという事を考えると妥当であったと同時に、ここ最近のよくない流れを引きずっていた横浜にとっても一息つけるという点で評価できるものではないかと思います。
神戸は3トップを活かして両ウィングからのサイド攻撃を繰り広げてきてたんで、トモキチにしてもコバにしても守備に忙殺される一方でしたし、自陣ゴール近くでファウルしようものなら三浦(淳)のFKがゴールを襲うといった具合だったんで、この引分けは最後まで守りきったDF陣と唯一ネ申に尽きます。
(あとポストにも)
気がかりなのはトモキチが累積で次節出場停止なんで、右サイドには誰が入るかという事なんですが。
今までだったら早川が入るところなんでしょうが、CBの軸を外すわけにもいかないでしょうし……光輝や金澤が入ってくるのか、それとも岩倉が間に合うのか気になるところです。
ま、次からはヨンデが帰ってくるんで、今までのいいリズムでの守備が戻ってくるのだと期待しましょう!

攻撃についてですが、中盤が押されながらの展開でもよく攻撃を組み立てていたと思うんで、あとは最後の決め手だと思います。
印象に残ったのは、ウッチーがよく攻撃に絡んで神戸のゴール前に迫っていたんで、パスを選択するだけでなくシュートで終わってもよかったのでは?って所かと思います。
北村も途中交代で流れを変えていたと思うんで、あとはゴールだけでしたねえ……
その意味では、振り向きざまのシュートが惜しかったんですが!!
(あそこに城が詰めきれてなかったのも込みで)
新加入の滝澤も含めて、今後発表されるであろう新加入選手(無論攻撃的な選手)にも期待したいところです。
というわけで、社長のドイツ土産マダー?(・∀・ )っノシ凵⌒☆チンチン

最後に。

後半28分、交替選手を告げるボードに"4"の数字が。
そして、"彼"に代わって入る選手の背番号である"24"がその隣に。
それはただの交代ではなく、これからの横浜を担っていく者への魂の継承ではなかったのかと。
スティーブン・トゥイード、私たちは貴方を忘れないし、貴方が再び帰ってくる事を信じています。
そして秋葉陽一、君が受け継いだ魂はスコットランドの誇り高き戦士のものだという事を忘れずに、これからの横浜を引っ張っていってください。

では。

2006年6月23日 (金)

Shine on.

【J2:第24節 神戸 vs 横浜FC プレビュー】失点7の堅い横浜FCの守備網を、好調をきたす神戸がこじあけられるか。 [ J's GOAL ]

ここ最近調子を上げてきている神戸ですが、その最大の要因となっているのがパク・カンジョではないかと。
彼にサイドを好き放題攻めさせないためにも、まずはサイドからの守備を徹底させていく事が必要でしょう。
彼以外にも、三浦(淳)、栗原、ホルヴィといったテクニックを持つ選手が揃っているんで彼らに仕事をさせないよう、積極的な守備で臨んで欲しいと思います。
幸い、向こうはDFが退場や累積で二人入れ替わるんで、そこのギャップを上手く突ければチャンスが広がるのではないかと。

横浜については城の怪我が心配なところなんで、早いフォローで城の負担を減らしてあげなければと思います。
あとは、吉野や小林の調子が上がってきてるんで、彼らが攻撃に絡んでくることで分厚い攻めを増やせるようにしたいですね。
もしかしたらなんだけど、加入したばかりの滝澤をサブで……って思うんですが、どうでしょう?
(練習には参加してたようですから、コンディションは問題ないはず)
守備は前節2失点してしまったけど、長いシーズンではこういう事もあるんで、まずは気持ちを切り替えることから。
ヨンデが前節に続いて出場停止に加え、トゥイードのコンディションもどうかという感じなんで、守備に関しては集中を最後まで切らさないようにして欲しいですね。

城・カズにとっては、色々と思いのある神戸での対戦なだけに、かつては自分たちを応援してくれていた連中の前でゴールを挙げて欲しいものです。
特に、城にとっては神戸は辛い時期だったかと思うんで、三ツ沢に続いてゴールで奴らを見返してくれ!

では。

2006年6月21日 (水)

勝って送り出したかった(札幌戦感想)

2006 J2 第23節 横浜FC対コンサドーレ札幌[J's Goal]

ネットでの速報が頼りな状態だったんで、城のゴールで追い付いた時はこれで!と思ったんですが、クロスバー直撃が三本あった挙句、ソダンにロスタイムに決められるとは……orz
何がヤバイって、ロスタイムの失点でというのが2004年を思い出してしまうんですよ。
(アウェイ仙台戦のアレ)
ましてや、土曜日からは神戸-緑-柏と降格組3連戦があるだけに、中二日の間に出来るだけ肉体面でのケアを行うのは勿論、精神面での切り替えをうまくやらないとズルズル行きそうで……
今年は毎試合正念場だけど、ここを乗り切ってこそ初めて昇格への道が開けるのではないかと!
次の神戸戦はアウェイだけど、行ける人も行けない人も心を一つにして臨んでいきましょう。

最後に。

スティーブン、本当に今までありがとう。
俺たちは、貴方の事をずっと忘れませんから!!
そして、いつの日かまた三ツ沢で!

では。

2006年6月20日 (火)

戦友(とも)のために

愛すべきあなたへ白いバラを

6月21日は、白いバラでスティーヴンを送り出してあげましょう!
勿論、勝利と共に!

では。

【6/20追記】
当日の詳細が決まったんで、一番上に上げておきます。

For Steven!

【J2:第23節 横浜FC vs 札幌 プレビュー】トゥイードのホーム最終戦で、横浜FCは初の首位浮上なるか。札幌は、難敵相手の連勝で、自信を取り戻したい。 [ J's GOAL ]

オフィシャルを見たらとんでもなく強気な事になってたんで正直驚いたんですが、順位云々よりは結果を出す事が第一ではないかと。
順位なんて後からついてくるものだと思いますし。
何より、それ以上に明日はトゥイード最後の三ツ沢なんで、勝利をもって彼を気持ちよく送り出す事が最優先事項ですから。
そういう大事な試合にヨンデが出場停止というのは正直痛いし、札幌は札幌でフッキが調子を上げているというのが嫌な感じなんですが、いつも通り守備の意識を高めてフッキや西谷、大塚といったところに仕事をさせない事から始めないと。
攻撃に関しては、前節の湘南戦で今季初ゴールを挙げたウッチーがどれだけやってくれるか、そこにかかってくるのではないかと思います。
あと、吉野にはそろそろ前を向いての積極的なプレーをして欲しいものだと。
いずれにせよ、明日は

"横浜FC史上最高の外国人選手"(fromエルゴラ)

のためにも、勝利を!

では。

2006年6月17日 (土)

まだまだ途中だから(湘南戦感想)

2006 J2 第22節 湘南ベルマーレ対横浜FC[J's Goal]

前半の苦しい展開を凌いだ事が、後半の2得点につながりましたね。
城のバースデーゴール&今季初のアウェイゴールは、カズとのコンビネーションから生み出されたこの二人ならではのゴールでしたが、圧巻はウッチーのミドルでしょう!

シュートはロシツキーを意識しました。W杯に影響されてますね。

って、今日は両チームとも明らかにミドル撃ちまくりだったんですが(笑)、ウッチーの場合はミドルシュートも持ち味の一つなんで、これで今季初ゴールを決めたというのが彼にとっても今後の勢いにつながるのではないかと。
ていうか、軍曹のためにも本当に決まってよかったっすよ、ええ(涙)
あと、山口もバー直撃の惜しいミドルを放ってましたが、あんなミドルを見るなんて何年ぶりだ?(笑)
やっぱり、ああいうプレーが出るという事は、ここ最近のテレビ出演がいい方向に向いてるんでしょうね。

今日の小林君(笑)ですが、後半は積極的な攻撃参加で左サイドからの攻撃にリズムを生んでたと思います。
守備も押される展開の中で無難にこなしてましたし。
攻撃を見る限りでは他の選手とのコンビネーションも上々でしたから、スタメンにしっかり溶け込んでるんだなーと実感すると同時に、この調子で次の試合にも臨んで欲しいです。

で、守備についてなんですが、前半は……『入り方に失敗した』とどの選手も口にしてましたが、予想外の好天と暑さが原因だったのかも。
見てて一瞬、コートジボワールの攻撃を必死に防ぐオランダの姿がダブりました(笑)
いやホントに。
いつもながらの菅野のネ申セーブがなかったら、やばかったですよ。
(後半の方が凄かったけど)
あと、ヨンデが累積警告で2試合出場停止というのも痛いです。
ヨンデは思い切って相手に行くのはいいんだけど、その分イエローに結びつきやすいのが難点ですね。
まあ、札幌・神戸戦としっかり休んで緑戦に万全の体調で臨んで欲しいです。

前節の草津戦もですが、苦しい内容の試合でも勝ち点3をモノに出来てるというのは本当にチームの成長だと思うし、今までのいい流れを途切れさせてはならないというチーム全体の強い意志が伝わってきてるようにも思えます。
勝ち点で柏には並びましたが、まだリーグ戦が終わったわけじゃないんでこの結果に浮かれる事のないようにしないと。
札幌~神戸戦と連戦で体調面での管理が重要になってきますんで、選手たちはくれぐれも遅くまで中継を観ることがないように(笑)
次の札幌戦、勝ってスティーブンを送り出してあげましょう!

では。

油断大敵

【J2:第22節 湘南 vs 横浜FC 横浜FCプレビュー】勝利への確固たる自信を持つ横浜FC。監督交代で未知数の多い湘南が相手だが、3連勝に向け、不安要素は見当たらない。 [ J's GOAL ]
★J2 ダービー4★第1弾は6/17(土)J2第22節 湘南-横浜FC戦、神奈川ダービーへGO! [ J's GOAL ]

タイトルじゃないけど、まずは油断大敵ということで湘南戦、神奈川ダービーに臨んで欲しいかと思います。
向こうは6連敗&監督交代と泥沼状態だけど、監督交代の効果っていうのは私たちが身を持って実感してるかと思うんで、相性の悪い平塚という事も含めて気を引き締めていかないと。
それから、古巣相手ということなんで、トモキチと吉野には頑張って欲しいですねえ。
特に吉野は、ここ最近不甲斐ないプレーが続いてるんで、

「相手の状況よりも自分たちのサッカーをすれば絶対に勝てる」

なんて言うヒマがあったら、まずはプレーで示して欲しいかと。
みんな期待してるんだから、さ。

最後に、平塚での試合なんで、雨対策には最大限の注意を払った方がよいかと。
私(原付で片道3~40分)やこちらのように、家まですぐに帰れるとは限らないですし(笑)
とりあえず、着替えと大き目のタオル、それにビニール袋は欠かせないかと。

では。

2006年6月14日 (水)

露出はJ1、いや代表級(笑)

城&山口元代表にW杯で取材殺到[ニッカン]
カズがゲキ「エンジョイ!」[デイリー]

ちょwwww今リーグ戦の真っ最中wwww

まあ、スケジュールの調整はちゃんとしてるだろうから、コンディション面での問題はないとは思うんだけど、まさかとは思うが……テレビ局側はJ2は中断してないって知らないんじゃないだろうな?(えー
あと、三浦さんは相変わらず三浦さんだなあと思いつつも、何気に今年の横浜が好調な理由を語ってるのがポイントですね。
それにしても、ドーハ組とジョホールバル組がこれだけ揃ってるというのも、Jの中じゃ反則もいいところですわ(笑)

では。

世の中は狭い(苦笑)

トーゴが先制したと知って中継を観始めたら、よりにもよってなべ○かんと志村○んに決められて凹んでますwww
トーゴ、結構面白いサッカーをやってたんだけどねえ。

で、今日(13日)のエルゴラに載ってたアンケートの回答結果に、こんなのが。

Q2:一番楽しみな試合は?

A:オランダ対セルビア・モンテネグロ、ホントは神奈川ダービー湘南横浜。遠くのW杯より近くのJ2

お前は俺か(;´Д`)

つーか、同じ事を考えてるのって意外といるもんだなーと感心した次第。

では。

2006年6月13日 (火)

切り替えていくしかない(オーストラリア戦)

2006 FIFAワールドカップ グループF 日本対オーストラリア[ J's GOAL ]

こうなった以上は、今週末の湘南戦に向けて気持ちを切り替えていかないと。
6連敗中と元気のない相手だから、ここできっちりと叩いておきたいですし。
……横浜サポ的には、どう考えてもそうでしょ?

それから、横浜方面に新人ながら好采配を振るう監督と、ネ申セーブを毎試合当たり前のように見せてくれるキーパーを知ってますが、紹介しましょっか?w<協会関係者
ま、そちらにお渡しする気持ちはさらさらないんですけどね!!www

では。

2006年6月10日 (土)

がんばれ小林君!(草津戦感想)

2006 J2 第21節 横浜FC対ザスパ草津[J's Goal]
【J2:第21節 横浜FC vs 草津 レポート】横浜FCが菅野の好セーブと上位らしい『したたかさ』で勝利。負けた草津に見えた今後の可能性 [ J's GOAL ]

佐藤氏も書いてる通り、連戦の疲れかはたまた暑さのせいかプレーに精彩を欠き、草津に押し込まれる展開だったと思いますが、こういう試合でもきっちりと勝ち点3をモノに出来るようになったのが、今年の横浜の強さの証しと思います。
ただし、攻撃に関しては形は作るものの結果に結びつけることが出来ず、結局はルイス頼みになってしまっただけに、いかにして彼に頼らない攻撃パターンを生み出していくか、そこが課題かと思います。
今後、ますますルイスへのマークが厳しくなっていくだけに、新外国人選手の獲得も含めてその辺りが急務かと。

で、タイトルにも挙げた小林ですが、スピードという面では確かになかじに劣るし、守備でもピンチを招く場面はありましたが、ルイスの決勝点や城の幻のゴールの起点になったりしてましたし、後半には草津の選手を交わしてサイドを突破したりと攻撃面で見るものがありましたんで、もっと攻守に積極的になればよいかと思います。
一時期はどうなるかと思ったDF陣ですが、岩倉や渡辺に復帰のメドが立ったり宏介がサブに定着したりと明るい材料が目立ってきているのが幸いですね。

あと、ウッチーは一時期の不調を脱して攻守(右サイド&ボランチ)で好プレーを見せていたんで、そのまま調子を維持して欲しいところですが、吉野が……ですねえ。
先発に復帰してからしばらくはいい調子だったんですが、ここ最近は精彩を欠くだけに次が古巣相手という事も含めて正念場かと思います。

次節は平塚での湘南戦ですが、相手は連敗中&監督交代と元気がないだけに、しっかりと勝ち点3を得たいところですね。
ただ、平塚=悪天候がお約束なだけに、そこら辺には要注意かもしれませんが(笑)
アウェイとはいえ近場なだけに、一人でも多くの人たちの後押しで横浜に勝利を!

では。

2006年6月 9日 (金)

遠くのドイツよりも……

>【J2:第21節 横浜FC vs 草津 プレビュー】前節逆転勝利で強さとたくましさ見せる横浜FCに攻撃的姿勢保つ草津はどう立ち向かうか。打ち合いの展開も予想される。 [ J's GOAL ]

やっぱ、近くの三ツ沢じゃない?

というわけで、世間がW杯に浮かれてる間も何事もなく開催されるJ2ですが、明日は最下位とはいえ得点数では横浜を上回る草津が相手だけに、いつもと同様守備の意識を高めて試合に臨む必要があるかと。
山口と早川が戻ってきてくれるのは好材料だけど、なかじが長期離脱を強いられるだけに楽観視はできないですね。
まあ、左サイドは小林がきちんと引き締めてくれると思うし、CBだってハヤ・ヨンデのコンビできちんと守ってくれるとは思うんですが。
草津は太田が欠場中で高さという意味では前回ほど苦しめられるとは思えないので、高田や吉本のスピードにどれだけついていけるか、島田に仕事をさせないかがカギになってくると思います。

攻撃ですが、今までの不調から脱しつつあるのではと感じてます。
まず、ルイスがスタメン落ちがいい薬になったのか、持ち過ぎだったのが玉離れがよくなりましたし、2得点につながったように縦への意識が強くなりましたし。
ウッチーにしても、2点目の起点となったスルーパスにみられるように、一時の不調から脱した感がありますしね。
この二人が調子を上げていけば、それだけ横浜の得点機にもつながるわけですから、このまま好調を維持して欲しいところです。

関東地方も梅雨入りしましたが、明日は好天に恵まれるようなんで、一人でも多くの方に来ていただきたいところですね。
ドイツまで行かなくても、夜更かししなくても、熱いプレーは三ツ沢で存分に楽しめるわけですから!
ただし、明日は暑くなるみたいなんで、水分補給は忘れずに(笑)

では。

2006年6月 7日 (水)

あまりにも、あまりにも大きな一勝(山形戦感想)

2006 J2 第20節 モンテディオ山形対横浜FC[J's Goal]
高木監督「この勝利は大きい」/J2[ニッカン]

山口・早川の出場停止に加えて、軍曹となかじが負傷欠場という非常事態の中、先制を許した時には正直負けを覚悟したのですが……去年だったら間違いなくいいところなしで負けて、そのままズルズルと……というパターンでしたよ。
それを、後半からのルイス投入で見事に逆転した辺り、今年の横浜には勢いだけでなくしぶとさや粘り強さといった、本当の意味での強さが身についてきたのだと思います。
ルイスにしても、スタメンを外された事がいい薬になったでしょうから、これから先独りよがりなプレーが減るのではないかと。
そして、何より大きいのは、今季初スタメンの小林や室井が90分間使えるメドが立った事だと思います。
ここ最近、DFに欠場者が相次いでいるだけに、バックアップ組の台頭というのはこれからのシーズンを戦う意味でも大きな収穫かと。
その意味では、太田のJ初出場というのも大きな経験になったと思います。
とりわけ、右SBは岩倉の欠場で層が薄いですからねえ……この勢いでトモキチからレギュラー獲っちゃえ、コースケ!!

今日の試合は、高木監督の采配も目を引いたかと思います。
確かにフルメンバーが揃えられない苦しい状態ではありましたが、それを逆手に取ったかのような左サイドの布陣は、正直驚きました。
そして、後半からのルイス投入で流れを引き寄せるあたり、4月ごろの神がかり的な采配が戻ってきたかのようでした。
(太田の投入も、今後を考えたら当たり)
それも、おそらくは水戸戦で無敗・無失点記録が途絶えたことで、いい意味で開き直れたり肩の力を抜く事が出来たからなのかもしれませんね。
そういう意味では、この試合をモノにした事は、高木監督の今後の采配に大きくプラスに働くと思います。

次は中二日で草津戦ですが、久々の三ツ沢なんで疲れをものともせずにやってくれると思います。
何より、山口と早川が休養充分な状態で戻ってきますしね。
仙台が三位に転落し、柏が足踏みしてくれているこのチャンス、逃すわけには!!

では。

続きを読む "あまりにも、あまりにも大きな一勝(山形戦感想)" »

スタメン

うわ、そう来たか!!( ̄□ ̄;)
小林の初スタメン&ルイスと太田のサブってのは、さすがに予想外だったぞ。
まさに総力戦だけど、勝つぞ!

2006年6月 6日 (火)

総力戦

【J2:第20節 山形 vs 横浜FC プレビュー】前節でいい流れが途切れた山形と横浜FC、よどみから脱するための正念場の戦い! [ J's GOAL ]

山口と早川が出場停止、怪我の程度によっては軍曹の出場もどうかという状況なだけに、ここは文字通りのチーム一丸となって総力戦に臨んで欲しいものだと思います。
状況が状況なんで、秋葉や金澤の先発だってありうると思うし、そうなったらそうなったでこのチャンスを最大限に活かして欲しいですね。
あと、レギュラー陣は自分からボールをもらいに行ったり、相手より一歩でも早くボールを奪いに行く積極さをこういう時にこそ見せて欲しいです。
この前の敗戦で記録とかそういったものに縛られなくなったわけですから、今こそ初心に帰ってアグレッシブなプレーを。
それから、第二クールから手をつけると言っていた攻撃ですが、ここ最近の決定力不足を見る限り悠長に構えてもいられないんで、一刻も早くアジアの大砲の手腕を見せて欲しいものです。
何しろ、山形はレアンドロや財前、それにうの字を中心とした攻撃が予想されるんで、彼らに仕事をさせないためにも攻撃で押し込んでいく必要があるかと思いますから。
札幌戦のメンバー表を見ると、サブに佐々木がいるからそこにも注意を配らないといけないですし。
難敵っつーかありとあらゆる意味でムカつく山形を叩いて、上位に食らいついていくしか!!

では。

続きを読む "総力戦" »

2006年6月 2日 (金)

この敗戦を、必ずや次の糧に(水戸戦感想)

2006 J2 第19節 水戸ホーリーホック対横浜FC[J's Goal]
横浜FCの連続負けなし止まる/J2[ニッカン]

確かに負けたことは悔しいし、携帯で結果を知った時は帰宅途中の電車内にもかかわらず、涙が出そうになったくらいだから。
でも……いつかはこういう日が来るのだから、下を向く事なく次の試合に臨んでいかなければというのも、また確か。
それに、「敗北から学ぶ事の方が多い」とも言うくらいだから、今日の試合から得た課題を解決し、次の山形戦で結果に結びつけて欲しいものです。
でなきゃ、この敗戦が意味のないものになってしまいますから。

あと、無敗記録や無失点記録が続いてた事で、チーム全体が守りに入っていたと言う面もあったと思うし、今日の水戸にしろこの前の愛媛にしろ、心のどこかで相手を下に見ていたかもしれないですね。
なので、この敗戦を期にもう一度自分達はチャレンジャーなのだという事を思い出して欲しいです。
チームもサポも、何もまだ成し遂げてないんですから!

で、次の山形戦なんですが、向こうはうの字が右SHに入ってからというもの好調を維持し続けてるんで、奴をどうにかして止めないと横浜の勝ちはないかと思います。
詳しい事は知らないんだけど、軍曹となかじが怪我、山口と早川が累積警告&赤紙との話なんで、文字通りの総力戦で臨むしかないですね。
連戦で苦しい戦いを強いられるけれど、ここを踏ん張らないと去年のように勝利から見放されかねないんで、横浜の底力を今こそ見せてくれ!!

では。

続きを読む "この敗戦を、必ずや次の糧に(水戸戦感想)" »

2006年6月 1日 (木)

毎回が1点勝負

【J2:第19節 水戸 vs 横浜FC プレビュー】前回対戦は横浜FCの完勝。水戸は「我慢比べ」になるだろうこの試合を制し、借りを返すことができるか。 [ J's GOAL ]

相手が引きこもらせたら右にも左にも出る者がいない水戸なだけに、何が何でも早い時間に先制しないと愛媛戦の二の舞な予感が。
ここ最近、引いた相手を崩せないで自ら苦戦を招く展開を生んでるんで、課題となってる決定力不足をどうにかしないとマズイんですけどねえ。
幸い、久々のフルメンバーなんで、城-カズ-アウグストのコンビネーションが水戸のディフェンスを切り崩してくれるのではないかと期待がもてますし、そこに吉武やウッチーが絡んでくるとさらに攻撃に厚みが出てくるんで、彼らの頑張りにも期待したいところです。
愛媛戦、吉武はようやく吹っ切れた感がありましたし、ウッチーも自分の出来は自分が一番知ってると思うんで、ここでひとつ挽回して欲しいですね。

今節、柏は試合がないので、ここは今まで以上にきっちりと下位から勝ち点3をモノにし、柏との差を少しでも詰めておかなければ。
というわけで現地組の皆さん!
留守番組の分も気持ちを込めて選手たちの後押しをよろしくお願いします!!

では。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

twitter

  • twitter