« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月27日 (土)

倍返し、だけど……(愛媛戦感想)

2006 J2 第18節 横浜FC対愛媛FC[J's Goal]
高木監督、就任以来15戦負けなし/J2[ニッカン]

確かに、点数上では開幕戦の倍ですから、借りは倍にして返してやったって事になるんでしょうが……相手は開始早々に一人少ない10人になったんですから、もう2~3点は取れなかったかって気もしますね。
何が一番ズッコケたって、ルイスからのパスを受けたカズがどフリー、それもキーパーが飛び出してDFが一人か二人いるだけのシュートを外したのが(;´Д`)
ああいう場面できっちり決められないと、これから先苦しくなるかもしれませんね。
カズのシュート以外でも、今日はシュートミスが目立ちましたし、それ以上にシュートすら打たない(打てない)もんだから、見てるこっちとしては本当にイライラが募る一方でした。
数的優位を生かせないのは横浜の(イヤな)お家芸ですが、相手が守りに入ってしまった展開だからこそ、ボールを動かして愛媛の選手を引きずり出し、空いたスペースを活かして攻めて欲しかったです。
あるいは、後半に投入された北村や吉武のように、自分からドリブルで仕掛けていくといった積極的なプレーも必要でしょうね。
実際、今日の2得点はいずれも吉武の仕掛けが生んだんですから。
いくらボールを回しても、それだけじゃ得点には繋がらないのですから、もっと積極的に!!

今日の布陣に関しては、ルイスのFWはキープ力を考えたらアリなんでしょうけど、本人に決める意識が低いのが難点かも。
(カズがどフリーのシュートを外した場面、今までだったらルイスがそのまま打ってるところですよ)
パスはいいから、ドリブルでガンガン突っかけてシュートまで行って欲しいところです。
あと、トモキチとのコンビネーションが悪かったのも……やはり左の方が適職でしょうか。
今日は中盤に山口、ヨンデ、吉野と並べてきましたが、山口とヨンデはともかく吉野の右は攻撃の際にペースが落ちるのが苦しいかなと。
今までがそうだったように、サイドに張らせるよりは中でプレーさせた方が持ち味が出るのかもしれませんね。
ウッチーは……今日はJFLレベル(by素弘)でした(;´Д`)
後半はやや持ち直したけど、前半のグダグダっぷりといったら!
背中の10番が泣くぞ、おい。
自分から仕掛けるだけの力はあるんだから、ガンガン行って欲しいっすよ。
北村は途中出場でいつものように流れを横浜へ変えていったけど、足りなかったのは自身のゴールだけでしたね。
今日は24回目の誕生日だから、本人も内心期するものがあったとは思うんだけど。
で、最後に吉武なんですが、ようやく結果を出したなと。
今日みたいなプレーがいつも出来れば、間違いなくレギュラーなんですけどねえ(苦笑)
カズのFKにドンピシャで合わせた先制点、ああいった形でニアに合わせるというのは今まで中々見られなかったんで、今後の武器になるかもしれませんね。
軍曹という高さがいなくなるんですから余計に。
PKをものにした突破も、他の選手がやろうとして出来なかったプレーなんで(北村は仕掛けてたけど)、今後も続けて欲しいところです。
つーか、やれば出来る子なんだから、つよぽんは!(笑)

来週からは地方回り2連戦(水戸-山形)だけど、ここをきっちり押さえて三ツ沢に帰ってきて欲しいものですね。
2戦とも平日アウェイっつーのは、悪い冗談にも程があるけど(つд`)

では。

続きを読む "倍返し、だけど……(愛媛戦感想)" »

倍返しじゃ気が済まない

【J2:第18節 横浜FC vs 愛媛 プレビュー】不敗街道まっしぐらの横浜FCが戦うは唯一黒星を喫した愛媛。開幕戦のリベンジなるか!? [ J's GOAL ]

全ての事の発端となった相手なんで、これだけはきっちりさせておかないと。

倍返し?三倍、四倍返しだろ!!

エルゴラによるとスティーブンが復帰するようなんで、残り少ない日本での試合で活躍できるよう、軍曹を盛り立てていかないと!!
あと、ルイスが復帰するんでこれで城の穴を埋めることが出来れば……
城が欠場というと草津戦が思い出されるわけですが、あの時の二の舞だけはくれぐれも避けてもらわないと。
勿論、FW陣にも頑張ってもらわないと困るんで、ここは富永とイザイアスに一仕事やってもらうしかないでしょうね。
イザイアスは、試合で使ってみてダメなら諦めがつくんで、一度は出して欲しいっすよ。
PSMでのあわやというシュートが今でも目に焼き付いてるんですから。

では。

2006年5月24日 (水)

急告

急な話ではありますが、こちらにて軍曹Tシャツ製作の告知が出てます。
申込期間が木曜日一杯までと時間がないので、欲しいという方はお急ぎください。

では。

2006年5月22日 (月)

収穫は"負けなかった事"(鳥栖戦感想)

2006 J2 第17節 サガン鳥栖対横浜FC[J's Goal]

前半からあまりいい流れとは言えず、後半開始早々に城の退場によって10人での戦いを強いられた試合展開を考えると、タイトル通り負けなかった事が最大の収穫ではないかと思います。
おまけに、山口も故障で欠く布陣だったんですし。
ただ、セットプレー(CK)が精度を欠いてしまっては得点に繋がるはずもないですし、奮起を期待していた吉武と内田も出来としてはイマイチだったんで、プレビューで書いた課題が改善できなかったというのは、なまじ守備が安定しているだけに、今後のシーズンを戦う上で間違いなくチームに重くのしかかってくるのではないかと。
今日行われた、大学生との練習試合で1点だけってのもどうかと思いますしね。

今週末の愛媛戦、城が出場停止という草津戦と同じ状況というのが引っかかるところなんで、FW陣には一層の奮起を願う次第です。
特に北村は誕生日なんで、ここで活躍しなかったらいつ活躍するんだって感じですから、ここは三ツ沢のファンの前でゴールを決めてくれ!
あと、こういう状況だからこそ、今まで使っていないザザを思い切って使ってみるのも、一つの手かと。
いずれにせよ、開幕戦で受けた屈辱を晴らすためにも、攻撃陣には頑張ってもらいたいところです。

では。

See you again,someday.

トゥイード選手 帰国のお知らせ [ 横浜FC ]

かねてから、リビングストン(スコットランド2部)への移籍が合意したとの話は聞いてたので、ある程度の覚悟はしていたのですが、こうやって公式発表されるとやはり寂しいというか切なくなるというか……
息子さんがアレルギー体質だとサッカーJ+で語られていたので、今回の帰国はそれが理由なのだと思いますが、症状が快方へ向かわれる事を心から願う次第です。
せめてもの救いは、契約内容とか金銭面とかで折り合わなくての退団じゃないということでしょうか。

この3シーズン、軍曹にとってはあまりいい時期とはいえなかったかもしれないけど(成績が成績だったし)、入団会見での「遊びに来たわけではない」というあの言葉がようやく今年になって結実したのかと思うと、軍曹のためにも最高の結果をスコットランドへ報告できるようにしないといけないですね。
それに軍曹も、

コーチとして再び、チームにもどれるような日が来れば幸いです

と言ってるくらいですから、今より上の場所で軍曹を出迎えてあげたいですし。
だから、さよならじゃなくまたいつか三ツ沢でお会いしましょう、軍曹!

では。

続きを読む "See you again,someday." »

2006年5月20日 (土)

現実を受け止めよう

【J2:第17節 鳥栖 vs 横浜FC プレビュー】負けないけど勝てない鳥栖。負けない上に勝っている横浜FC。黒星をつけさせるのはどちらのチームか。 [ J's GOAL ]

ルイスは出場停止、軍曹も怪我に加えて移籍が濃厚と攻守の要を欠く布陣で鳥栖と対戦しなきゃいけないんだけど、こんな時だからこそ残りのメンバーが一丸となって闘っていかなければ。
守備は計算が立つだけに、仙台戦で露呈された決定力不足をどう解消していくか、そこがカギになると思います。
ルイスの穴は吉武とウッチーが埋めていくしかないし、というかやってもらわないと困るんだけど、セットプレーに関してはCKでのファー一辺倒から、ニアやショートコーナーも使うといった具合に変化をつけていく必要があるかと。
サブについても、高さという点を考えたらどうしたって富永は外せないでしょう。
ていうか、いい加減富永のゴールが見たいんですが!!
あと、ルイスの分までという意味でもザザは見てみたいなーと。
第二クールに入ってからは相手も研究してきて、今までのようには勝たせてもらえなくなると思うんで、今だからこそチーム一丸で勝利を!!

あと、明日の鳥栖はかなり暑くなる(夏日っすよ夏日!)みたいなんで、ベテランの多い横浜としてはそこら辺も要注意ってとこですね。
無論、スタンドで応援してる我々もですが。

では。

足元を押さえろ

「横浜FC支援の会」設立のお知らせ [ 横浜FC ]

向こうが横浜の大企業を押さえるんなら、こっちはあくまで地域密着で。
今まで希望が丘を筆頭に市内の各商店街を押さえつつありましたが、いよいよその流れが本格化してきたなーという感じですかね。
まあ、最も痛快なのはジョイナスの足元に位置する五番街がJ2横浜を応援してるって事でしょうか(笑)
あの辺の店で飲んでると、店の人が横浜の話題を振ってくれるのがありがたいです。
というわけで、皆様今後もよろしくお願いします。

JFAナショナルトレセンコーチに横浜FC育成アドバイザー足達勇輔 就任 [ 横浜FC ]

適材適所その2、ということで。
トレセンでの成果を横浜に還元し、若手の底上げに繋げていって欲しいものですね。
となると、ゆくゆくは横浜でもユース中心の活動になるんでしょうか……

では。

2006年5月17日 (水)

悔しいなあ……

臓器移植の彩花ちゃん、療養中の米病院で死亡

今はただ、心からご冥福をお祈り申し上げるのみです。
タイトルじゃないけど、本当に悔しいし……悲しいなんて言葉じゃ言い表せないです。

「奇跡は起こらないから奇跡」

って誰か言ってたけど、俺はそんなの信じないからな!
でなきゃ、回復を信じてた全ての人達や彩花ちゃん自身が報われないよ……

【追記】
神達彩花ちゃんの訃報に際しての鈴木昌Jリーグチェアマンのコメント [ Jリーグ ]
上ではあんな事を書いたけど、家族とこの事で話したりしてるうちにようやく心の整理がつきました。
確かに、あやかちゃんは還らぬ人となってしまったけど、だからといってあやかちゃんを救う為に多くの人たちが動いた事は無駄ではなかったと思うし、もしかしたらあの活動そのものが奇跡だったのかもしれないかな、と。
だからこそ、これからはあやかちゃんの分まで一日一日を精一杯、意味のあるものとして過ごしていきたいですね。

では。

バナーと選曲

女将がバナーを作ったという事なので、早速貼らせていただきました。
何しろ、私も東京ドーム組ですから、貼らないわけにはというか、是非貼らせてくださいと(笑)
女将も書かれている通り、条件は

横浜FCとBON JOVIが好き

だけっすから、条件に当てはまるという方は如何でしょうか?

で、BON JOVIが試合前のBGMに流れた仙台戦なんですが、選曲について苦言をば。
STARSHIPの"セーラ"は、三ツ沢の雰囲気が何かまったりとなっちゃってたから試合前には向いてないと思うし、練習の際の選手入場時に流れてたのがRAINBOWの"I SURRENDER"って、戦う前から負けを認めちゃマズイのではないかと(苦笑)
試合前って、選手は勿論スタンドにいる人たちもそれぞれに気持ちを高めていく時間だと思うんで、それに合ったBGMをお願いしたいところですね。
その意味じゃ、BON JOVIは勿論、Beastie Boysの"Fight for Your Right(to Party)"はよくハマってたかなと。

それでは。

2006年5月14日 (日)

痛み分け(仙台戦感想)

2006 J2 第15節 横浜FC対ベガルタ仙台[J's Goal]

結果だけ見れば、2連戦で勝ち点4という最低限の目標は達成したのだから、悪くはないのかもしれないですが、現場にいた立場から言わせてもらうと、勝てる試合だったなーという悔しさがどうしても表に出てしまう試合だったと思います。
試合としては、序盤から仙台の攻撃を安定した守備で抑え込んでからの速攻や、遠目からでも積極的にシュートを放つといった具合に横浜がペースを握っていただけに、仙台に退場者が出てから攻め切れなかったのが痛かったです。
仙台は何だかんだ言っても守備力には定評があるだけに、こういったチャンスで決められないと勝ち点3は望めないですね。
まあ、今日に限って言えば、仙スタの時のような怖さは感じられなかったですし、ロペスはともかくそれ以外のブラジル人もどちらかといえば消えてたような印象がありましたし、ましてやリャンや千葉といった中盤の選手なんて何処にいた?ってなもんでしたし。
むしろ、ロペスダンスの方がよっぽど印象に残ったぞwwwwww
ありゃ、メガネの板垣とどっこいだわ(笑)

ただ、今後の試合を考えると、ルイスの黄色2枚での退場が最も大きな痛手だったというか。
既に累積警告での出場停止があったというのに、今回の退場による出場停止が何試合になるのか……それを考えると、ルイス不在での攻撃パターンの確立を急がないと、決定力不足の解消はおろか勝利からも見放されかねないので、ここは高木監督の手腕が試されるかと思います。
ていうか、ルイスは一枚既にもらっているのだという事を念頭に置いてプレーして欲しかったんで、2枚目の原因となった遅延行為はマジで余計(怒

その高木監督ですが、今日は選手交代の冴えが今ひとつでしたね。
今日のカズは出来がいいとは言えなかったんで真っ先に代えてもよかったですし、サブに富永を入れていればターゲットマンとしての役割を果たせたと思ったんですが。
何より、吉武が先発・サブでも結果を残せていない現状ではこのままベンチ入りさせておくのもどうかと思いますし……ここは誰が一番調子がいいか、その見極めが求められてくると思います。
これから先、怪我や出場停止でベストメンバーが組めなくなるだろうだけに、余計に。

今日は吉野が先発復帰しましたが、開幕当初の不出来を払拭するような素晴らしい出来だったと思います。
守備は勿論ですが、積極的な攻撃参加でリズムを生み出していましたし、何よりバー直撃の惜しいミドルが!
試合後のコールに対して笑顔で応えていた辺り、精神的にもかなり吹っ切れてきているようですし、このまま先発で横浜の中盤を引き締めて欲しいものだと願う次第です。

それから忘れてはならないのは、なかじでしょう!
守備での奮闘は勿論なんですが、後半は守るよりオーバーラップしてた時間が長いんじゃないかってなくらいの攻めっぷりでした。
途中からユニフォームがボロボロになってしまったのは、そのプレーの証でしょう。
今年は例年になく精神的にも落ち着いてプレーが出来てるようで、今まで見受けられた雑なプレーも殆どないですし、それでいてガッツ溢れるプレーを見せてくれてますから、カードにだけは気をつけて欲しいものだと。

来週は、鳥栖スタに乗り込むわけなんですが……柏に試合終了残り5分で追い付いてるんですよねえ、鳥栖って( ̄□ ̄;)
3月の対戦時から比べると、横浜もチームとして進化著しいわけですから、そうそう大崩れする事はないと思いますが、鳥栖の順位が下とはいえ油断は禁物でしょう。
何より、ルイスを欠く布陣で臨むわけですから、今まで以上に攻撃陣の連携と決定力が大きく問われてくるかと。
数は少ないながらも鳥栖へ向かう横浜な方々、アウェイだからこそ一つにまとまって横浜を勝利へ導きましょう!!

では。

続きを読む "痛み分け(仙台戦感想)" »

2006年5月13日 (土)

代表戦

言っちゃ悪いが、うちの試合の方が見てて段違いで面白いってwww
というわけで、下じゃ目標の勝ち点4がどうとか書いちゃったけど(苦笑)、明日も勝つぞ!
それじゃ、明日三ツ沢で。

では。

続きを読む "代表戦" »

毎試合が試金石だけど

【J2:第15節 横浜FC vs 仙台 プレビュー】「守備ありき」の両チーム。勝負を分けるポイントは90分通しての集中力か。 [ J's GOAL ]

今の横浜にとっては毎試合が試金石だとは思うんだけど、今週の緑-仙台の2連戦は4月の柏-仙台-神戸に匹敵するほどの重要さだと思うんで、最低でも引分けに持ち込んでこの連戦で目標とする勝ち点4をモノにし、チャンスがあれば勝ち点3(トータルで勝ち点6)という感じで試合に臨んで欲しいです。
それには守備から入っていく必要があるわけで、となるとブラジルトリオを抑え込む事は当然で、加えて中盤やSBの攻撃参加を食い止めていく事も重要になると思います。
特に熊林や千葉、菅井といったところには要注意でしょうね。
4月の仙台でも彼らには苦しめられましたし、特に千葉には以前から痛い思いを味わされてきましたから。

攻撃については、緑戦でも見せたようなダイレクトプレーで素早く仙台ゴール前に迫っていき、出来るだけ最後はシュートで終わらせるようにしたいところですね。
でないと相手のカウンターが怖いですから、自分たちの守りを頭に入れて攻撃に臨んで欲しいです。
あと、相手のマークがルイスに集中する事が予想されるんで、彼へのフォローを欠かさないようにして欲しいです。
いずれにせよ、まず守備ありきの姿勢で臨んでいかないと、勝ちはおろか引分けも危ないかと。
仙台はここ最近、ロスタイムに失点して同点に追い付かれるというケースが目立ってるんで、最後まで粘り強くあきらめなければ、あるいは……と思いますが。

軍曹は欠場が濃厚みたいですが、その分を全員でカバーして闘って欲しいです。
4月だって軍曹抜きでドローだったんだから、今回だってやってやれない事はないはず!!
あと、今回は緑戦から中三日と厳しい日程ですが、そこで私たちサポの声で横浜の選手たちに力を与えていかなくては。
明日も天気が芳しくないみたいだけど、そんな事関係なしに皆で一体となって闘っていきましょう!

では。

2006年5月11日 (木)

彼が彼たる証(東京ヴェルディ戦感想)

2006 J2 第13節 東京ヴェルディ1969対横浜FC[J's Goal]
カズがゴール、横浜FCが2位浮上/J2[ニッカン]

古巣相手の試合で

誰もが2点目を望んでいた場面で

流れの中からゴールを決める

彼が彼たる証が、あの2点目のゴールにあったと思います。
欲を言えばもう1点取って首位を!というのもあったんですが、そこまで言ったら贅沢ですよね(苦笑)

試合についてですが、やはり軍曹の負傷退場が気がかりですね。
岩倉に続いて軍曹も離脱となると、DFのバックアップという面で不安が生じますから。
もっとも、今日の試合でも見せたようにヨンデがCBに下がったりして対処するとは思うんですが。
(複数のポジションをこなせるというのが、今の横浜の強みですしね)
本人が一番悔しいと思うんで、再びピッチで攻守にアグレッシブなプレーを見せてくれるのを待っています!
というわけで、つ鶴

今日の布陣は徳島戦同様、両サイドにルイスとウッチーが入ってましたが、ウッチーは右サイドで持ち味を出せるようになってきたと思います。
前半から積極的に攻撃に絡むようになってきましたし、これで残るはゴールだけかと。
目標を達成しないと、エルゴラ一日編集部員が待ってるぞ(笑)
ルイスは厳しいマークの中でも相変わらずでしたね。
キーパーを交わしてのシュートが入ってればと思うんですが(苦笑)

守備については、これまた古巣相手となった唯一ネ申以外考えられないかと。
ポストやバーに救われたりもしましたが、1対1の場面でも果敢に止めてましたし、相手シュートを驚異的な反応で弾いてましたし!
(相手のヘッドを防いだ時は見てて鳥肌が立ちました)
今日の彼のプレーからは、この試合への意気込みや気合がいつも以上に感じられました。

あと、吉武はベンチスタートとなった悔しさを晴らすような、とにかく前へ前へという積極さが見受けられました。
カズの2点目をお膳立てしたのも彼ですしね。
こういうプレーがスタメンの時も出来れば言うことなしなんで、与えられた機会は必ずモノにしていって欲しいとですね。
頼むぜ、チーム最長在籍選手!(笑)
3人目の交代で室井が入ってきた時は、愛媛戦の件があったんで正直不安といえば不安だったんですが、最後まで集中を切らさずによく守ってくれたと思います。
軍曹や岩倉の負傷で出番は増えてくると思うんで、今日みたいなプレーを今後も見せて欲しいですね。

次の仙台戦、正直言って中三日と厳しい日程なんですが、今の横浜だったらこの逆境を必ず跳ね返せると信じてます。
そのためにも、選手だけでなく我々サポも気持ちを一つにして三ツ沢で仙台を迎え撃とうではないかと。
4月に獲れなかった勝ち点3、今度こそは!!

では。

2006年5月 9日 (火)

決戦は飛田給

【J2:第13節 東京V vs 横浜FC プレビュー】注目の東京V-横浜FCの一戦!東京Vの攻撃力と横浜FCの守備力…勝るのはどちらか? [J's GOAL]

平本・バジーリオに大野に大橋、それに廣山と攻撃力では向こうが有利なだけに、横浜としてはいつものようにしっかりと組織で守って、数少ないチャンスをモノにしていかなければと思います。
幸いにして、スケジュール的には横浜の方が余裕のある日程なんで、そこを活かしていければ勝ち点3も充分にあり得るかと。
練見組の情報によると城も元気に練習に参加してたとの事なので、明日の出場は濃厚かと思いますが、万が一という場合もあるんでここはサブ組の奮起に期待したいですね。
特にイザイアスには、出番が来たら今までの鬱憤を晴らすようなプレーを見せて欲しいです!
頼むぞザザ!!

それじゃ、明日は味スタで選手たちと一緒に私たちも戦っていきましょう。
では。

2006年5月 8日 (月)

J2横浜FCのDF岩倉が全治2カ月[ニッカン]
今は怪我を治す事に専念して、一刻も早くピッチに戻ってくる事を願ってます。
CBは軍曹が帰ってきたからいいものの、右SBの層が厚いとはいえない現状なんで、必ず岩倉の力が必要になってくると思うんで。
まずは、牛乳と小魚を!

横浜FC育成アドバイザーに足達勇輔氏就任[公式]
今度の役職の方が適任だと思うんで、ユースやトップチームの新人を実戦で戦えるよう鍛え上げてください。
色々と思うところはあるかもしれないけれど、今はただ……頑張れ!

では。

2006年5月 7日 (日)

勝つには勝ったが(徳島戦感想)

2006 J2 第14節 横浜FC対徳島ヴォルティス[J's Goal]
横浜FC高木監督11戦負けなし/J2[ニッカン]

試合内容としては、正直ほめられたものではなかったなーと思います。
危ない場面が若干あったものの、全体的には横浜ペースで試合を進めていましたし、にもかかわらず決定的な場面を外す事がしばしばでしたから、去年までだったら間違いなく後半にやられていたパターンだったと思います。
それでもきちんと結果を残せる辺りが、今年の横浜が今までとは違うのだという事の証だとは思うんですが。
あと、城が試合後にあれだけ傷んでいたのも水曜やこれから先の事を考えると気がかりですし、欠場ともなると草津戦のように攻撃が手詰まりになってしまうんで、城やルイス不在時の攻撃パターンをどう組み立てていくかが今後の課題かと思います。

で、ルイス不在でどう来るかと思ったスタメンなんですが…

軍曹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

色々と去就が注目されていた軍曹ですが、帰ってきてくれるとは!
早川とのコンビも非常に安定していましたし、やはり横浜には欠かせない存在なんだなーと実感しました。
あと、ヨンデ-山口というコンビも、ヨンデが潰し役で山口が散らし役という分担が見事にハマっていましたんで、昨日のMOMが山口というのは勿論、ヨンデもそれに匹敵するんじゃないかなーと思った次第です。
それに、昨日の山口は珍しく(マテ)シュートがどれも枠に飛んでましたし(笑)
ウッチーの右サイドについては、悪くはないんだけどもっとやれるはず!
あそこだったらドリブルでの仕掛けが生かせるはずなんで、もっと積極的に仕掛けて欲しかったところです。
北村は、本人はスタメン出場を望んでるけれど……スーパーサブとして結果を出してきてるんで、今後もこの形での起用が続くでしょうね。
2試合連続で得点に絡んだら尚更ですし。
それから、城は頼むからあんまり無理しないでくれと……
見てる方は貴方が頑張ってるというのは痛いほど分かってるんですから。

最後に、

うちの11番は化け物っすか?!( ̄□ ̄;)

とても39歳の動きじゃないですし、何より今季初のフル出場ってのが!
(前半に見せたDF二人を交わしてのシュートは圧巻)
おそらくは今季はコンスタントに試合に出続けているんで、コンディション調整が非常に上手くいってるからなんでしょうが、昨日の出来だったら、水曜の試合も期待したいところですね。

水曜の緑戦ですが、重要度としては柏-仙台-神戸に匹敵する試合だと思いますし、チームの真価(進化)がここでも大きく問われる試合になるでしょう。
緑の攻撃陣を「ハマナチオ」(byエルゴラ)がどう食い止めるのか、ルイスが復帰するであろう攻撃陣は緑ゴールに迫る事が出来るのか……
得失点差によっては横浜の首位もありえるこの試合、チームもサポも全てが一丸となって、この試合に臨んでいきましょう!

では。

2006年5月 5日 (金)

たとえルイスがいなくても

【J2:第14節 横浜FC vs 徳島 プレビュー】じりじりと上位に詰め寄る横浜FCと、最下位脱出を図りたい徳島。どちらにとっても欲しい勝点は3。 [ J's GOAL ]

ルイスが累積警告で出場停止だとはいえ、北村が代わって入るでしょうから布陣としては問題ないと思いますし、

「下位から確実に勝ち点3をものにする」

という今まで経験した事のないミッションも、チーム全体で遂行できるものだと思います。
というか、取りこぼしの心配をする日が来るなんて予想だにしなかったんですけどねえ……
ただ、北村が先発で入るという事はサブで誰がサイドを勤めるかという事が気がかりなんですが、それは洋平や金澤といった所に奮起してもらいたいところですし、トモキチや吉武は累積警告がリーチかかってるんで、ここら辺にも注意して欲しいですね。
(吉岡や太田にもチャンスあるか?)
いずれにせよ、相手は最下位に沈んではいますが、この前の草津戦を教訓にして闘って欲しいものだと思います。
そうすれば、勝利はおのずと近づいてくるでしょうから。

Jリーグ ファミリーJoinデイズ 5月6日は「頑張れ!横浜FCカップお習字会」 [ 横浜FC ]
ゴールを決めた次の試合が出場停止というのもタイミング良過ぎといえば良過ぎなんですが(苦笑)、公式のTOPもルイス一色になってる事ですし、ここは並ぶのが吉ではないかと。
空模様も好天を維持しそうですし、皆さんお誘いのうえ三ツ沢までお越し願います。

では。

2006年5月 4日 (木)

ミュージアム、ハシゴしました

今日は交通博物館と日本サッカーミュージアムに行ってきました。

交通博物館
実は、生まれてからこの方一回も行った事がなかったんで、この機会を逃すわけにはとばかりに行ってきました。
普通だったら、子供の時に親が一度は連れて行ってくれるもんなんですけどねえ……不思議だ。
(クイーンエリザベス2世号の横浜港への寄港や、宇宙関係の展覧会には連れて行ってくれたんですよ)
それはともかく、御茶ノ水駅で下車して歩く事数分、券売機の前は大行列でやっとの思いで入場券を買ったら、今度は万世橋交差点まで達する行列の最後尾へ並ぶ始末(;´Д`)(こんな感じ)
せめてもの救いは午前中だったんでスムーズに列が流れたという事でしたね。
あと、屋外にも展示物があったんで退屈せずに済みましたし。

で、中に入ったら目の前にいきなりSL(C57・9800系)が飛び込んでくるもんですから、その瞬間にテンションが一気に上がってしまいました(笑)
ていうか、あそこに行ったらいい年した大人でも子供に帰ってしまいますって(苦笑)
博物館の構成は、1Fが鉄道、2Fが船・自動車、3Fが航空関連なんですが、1Fだけで充分に元が取れました。
本物の汽車は勿論ですが、それ以外でも貴重な展示品の数々を見ることが出来たんで、来た甲斐はあったなーと。
勿論、1Fだけでなく2Fや3Fも充分に堪能してきたのは言うまでもありませんが。
おまけに、ここぞとばかりに普段は倉庫にしまい込んでた模型や資料まで大放出してたんで、時間とカメラのフィルムがいくらあっても足りない!って感じで、正直うれしい悲鳴でした(笑)
ただ、親子連れと鉄ヲタで館内は大混雑でしたし、シミュレータ関係はどれも1時間待ちはザラでしたんで、行くとしたら開館前から並んで待ってるのがいいでしょうねえ。
閉館までこの騒ぎ、休日は続きそうですから。
そんな感じで、昼過ぎまで交通博物館内を見て回ってました。

日本サッカーミュージアム
交通博物館の後はお昼を食べたり、秋葉原の裏路地にあるパーツ屋や雑貨屋を見て回ったりした後、日本サッカーミュージアムへと足を向けました。
ミュージアムの展示内容については今更説明する必要もないと思いますが、私が是非にと思ったのはヴァーチャルスタジアムですね。
私が見たのは"A Shining Moment on the Earth"(W杯2002年大会ハイライト&決勝戦ダイジェスト)と"Blue Fever"(W杯2002年大会日本代表ハイライト&ベルギー戦・ロシア戦ダイジェスト)だったんですが……

実況がネ申!!

の一言に尽きます、マジで!
何しろ、前者は金子勝彦氏の実況で決勝戦を再び味わう事が出来ますし(出だしは勿論『サッカーを愛する皆さん~』!)、後者の実況は山本"曲・げ・て・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!"浩氏ですから、これを見る為だけでも行く価値はあるかと思います。
しかも、ヴァーチャルシアターは無料ですし!(そこかよ)

ちなみに、今行くと世界クラブ選手権のロゴ入りミニバッグとサムライブルーのフラッグがもらえます。
フラッグはともかく、ミニバッグはどう考えても在庫処分としか思えないんですが(笑)、作りはちゃんとしてるんで普段使いには問題ないと思います。
あと、スタンプラリーもやってますんで、スタンプを全部集めてステッカーを貰いましょう(笑)

こんな感じで、GWの一日を過ごしてきました。
結局サッカーから離れる事が出来なかったんだなーって感じですけどね(苦笑)

では。

続きを読む "ミュージアム、ハシゴしました" »

2006年5月 1日 (月)

謝辞

おかげさまで、昨日をもちましてココログへ移転してからのアクセス数が10,000を超えました。
訪問してくださった皆さんには、心から感謝申し上げる次第です。
拙い文章であると同時に、毎回毎回試行錯誤の連続ですが、これからもよろしくお願いします。

それから、試合の度に毎回トラックバックしてくださってるこちらには、改めて御礼申し上げる次第です。
ミーハーかもしれないけどファンなんで(笑)、そこからトラックバックしていただいてるというのは励みになると同時に、現状に満足する事無くもっと上を!という気持ちにもなります。
自分なりの視点で試合を見つめた記事を書ければと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

では。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

twitter

  • twitter