« 彼が彼たる証(東京ヴェルディ戦感想) | トップページ | 代表戦 »

2006年5月13日 (土)

毎試合が試金石だけど

【J2:第15節 横浜FC vs 仙台 プレビュー】「守備ありき」の両チーム。勝負を分けるポイントは90分通しての集中力か。 [ J's GOAL ]

今の横浜にとっては毎試合が試金石だとは思うんだけど、今週の緑-仙台の2連戦は4月の柏-仙台-神戸に匹敵するほどの重要さだと思うんで、最低でも引分けに持ち込んでこの連戦で目標とする勝ち点4をモノにし、チャンスがあれば勝ち点3(トータルで勝ち点6)という感じで試合に臨んで欲しいです。
それには守備から入っていく必要があるわけで、となるとブラジルトリオを抑え込む事は当然で、加えて中盤やSBの攻撃参加を食い止めていく事も重要になると思います。
特に熊林や千葉、菅井といったところには要注意でしょうね。
4月の仙台でも彼らには苦しめられましたし、特に千葉には以前から痛い思いを味わされてきましたから。

攻撃については、緑戦でも見せたようなダイレクトプレーで素早く仙台ゴール前に迫っていき、出来るだけ最後はシュートで終わらせるようにしたいところですね。
でないと相手のカウンターが怖いですから、自分たちの守りを頭に入れて攻撃に臨んで欲しいです。
あと、相手のマークがルイスに集中する事が予想されるんで、彼へのフォローを欠かさないようにして欲しいです。
いずれにせよ、まず守備ありきの姿勢で臨んでいかないと、勝ちはおろか引分けも危ないかと。
仙台はここ最近、ロスタイムに失点して同点に追い付かれるというケースが目立ってるんで、最後まで粘り強くあきらめなければ、あるいは……と思いますが。

軍曹は欠場が濃厚みたいですが、その分を全員でカバーして闘って欲しいです。
4月だって軍曹抜きでドローだったんだから、今回だってやってやれない事はないはず!!
あと、今回は緑戦から中三日と厳しい日程ですが、そこで私たちサポの声で横浜の選手たちに力を与えていかなくては。
明日も天気が芳しくないみたいだけど、そんな事関係なしに皆で一体となって闘っていきましょう!

では。

« 彼が彼たる証(東京ヴェルディ戦感想) | トップページ | 代表戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/1784990

この記事へのトラックバック一覧です: 毎試合が試金石だけど:

« 彼が彼たる証(東京ヴェルディ戦感想) | トップページ | 代表戦 »

twitter

  • twitter