« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

リベンジ、成る(湘南戦感想)

2006 J2 第12節 横浜FC対湘南ベルマーレ[J's Goal]

試合についてですが、岩倉の負傷交代というピンチをよく乗り越えたなといった感じです。
好調なDF陣の一角を担っていた彼が早い時間でOUTになったというのは、チームにとっては間違いなく痛手ですが、吉武が入った事でトモキチが右SBに下がり、結果的にいつもの布陣で戦えたというのが大きかったと思います。
この試合に限った事ではありませんが、現在の横浜が好調なのは複数のポジションをこなせる選手が多いという事にもあるのでしょうね、きっと。
だからこそ、余計に岩倉の負傷が痛いのですが……早く戻ってきてくれる事を願っています。

今日の試合、古巣相手という事もあってかなかじとトモキチがよく動いてたように思います。
トモキチは突然のポジションチェンジにも動じず、前なら前、後ろなら後ろの役割をきっちりこなしていましたし、なかじも守備でよく効いていたように思います。
これで富永が出てれば……といった感じなんですが(苦笑)

あとは、内田が攻守に渡って効いていたのが非常に大きいですね。
彼がボールを奪って前線へ展開し……といった場面が再三ありましたし、惜しいシュートも見せていましたし。
次こそは今季初ゴール、頼むぞウッチー!!

ルイスと北村については言うまでもないでしょう。
ルイスのFKは前半にあった惜しい1本がおそらくは布石となっていたのでしょうが、それでも相手のミスをきっちり点に結び付けたと言う意味では素晴らしい先制点でしたし、厳しいマークをものともしないドリブルはどの相手にとっても相変わらずの脅威だったと思います。
北村は、前節の不出来を払拭すると言う意味でも、また短い時間で結果を出したと言う意味でも素晴らしいゴールでした。
というより、札幌戦のゴールもそうなんだけど、ああいうとんでもないゴールを決めるところが北村の真骨頂ではないかと(笑)

次の徳島戦、ルイスが出場停止なのが痛いところなんですが、代わりに入るであろう吉武や北村の活躍に期待したいところです。
となると、金澤のベンチ入りにも期待したいですね。
坂井は当然入ってくるでしょうし。
あとは、下位相手への取りこぼしだけは絶対に避けないといけないですね。
順位表を見ても上位と下位で二分されてきてる状況なんで、ここでの取りこぼしは後々にまで響いてきますから。
徳島は現在最下位ですが、だからといって油断する事なく気持ちを引き締めて臨んでいきましょう!

では。

2006年4月29日 (土)

神奈川ダービー

【J2:第12節 横浜FC vs 湘南 横浜FCプレビュー】神奈川ダービーをきっかけに、横浜FCはもう一度「勝利」街道へ、湘南は2002年以来の「3連勝」へ。ともに欲しい勝点「3」。 [ J's GOAL ]

そりゃ確かに、PSMとはいえ『あの』チームと試合をやったから今更神奈川ダービーと言われても……という気持ちも分かるのですが、去年の最終戦の悔しさを覚えているのでしたら、明日は負けるわけにはいかないでしょ!
湘南もここ最近調子を上げてきているので、元来の相性の悪さと相まってそうそう簡単に済む試合にはならないと思いますが、ここはやはりトモキチ・なかじ、そして

俺たちの富永


がやってくれるのではないかと!!
それに、城が出場停止から復帰すると思われますんで、前節の草津戦で浮き彫りとなった『トップでのボールの収まらせ方』がかなり改善されるのではないかと思います。
あとは、守備が最後まで集中を切らさずにプレーを続ける事が出来れば、勝利は間違いないかと。
それにはブラジル人トリオは勿論ですが、佐藤悠介と加藤望を自由にさせない事が第一条件でしょうね。

明日の天気は試合中だけ雨という予報ですが、そんな天気を吹き飛ばして再び連勝街道を歩むためにも、皆で手拍子と声で選手たちを盛り立てていきましょう!

では。

2006年4月23日 (日)

何様のつもりだったんだろうねえ、俺たち(草津戦感想)

2006 J2 第11節 ザスパ草津対横浜FC[J's Goal]
【J2:第11節 草津 vs 横浜FC レポート】見応えのあるスコアレスドロー。草津、横浜FCは勝点1を分ける。 [ J's GOAL ]

結果と内容を考えたら満足できるものではないんですが、選手たちのコメントからはこの結果と内容に対しての反省と勝利への渇望が感じられたんで、次の湘南戦では必ずやってくれると確信しています。
むしろ、我々サポの心がけに問題がなかったか、そこら辺をきちんを向き合っていく必要があるのではないかと思います。
確かに草津は最下位に沈んでるとはいえ、開幕戦では神戸に圧勝し、仙台にはスコアレスドローに持ち込み、緑と湘南にはノーガードの殴り合いを演じてるわけですから、決して楽に勝たせてくれるような相手ではなかったと思います。
というより、今年のJ2にはそんなチームはないですし、その事は開幕戦で我々が一番に思い知らされたはずなのです。
だからこそ尚更、今の順位に浮かれることなく謙虚かつ真摯な心構えを持たなければと思うのです。
今日の試合結果と内容は不満の残るものでしたが、一年の間にはこういった試合もまた有り得るのだということを肝に銘じ、気持ちを引き締めてこれからの試合に臨んでいきましょう。
まずは次の湘南戦、そこから初めていきましょう。

攻撃と守備については箇条書きで

・城の不在がいかに大きいかを痛感。トップでボールが収まらないと辛いわ……
・ルイスが抑えられてしまったのも痛手。「上位にいること」ってこういう事なんだなあと実感。
・北村は何処にいたのって感じだったんで、HTで交代でもよかったのでは?
・富永!お前のいる場所はサイドじゃなくて真ん中だぞ!
・というわけで、FWは富永-カズで富永をターゲットにというのが正しかったのかも。
・つーか、イザイアスをいい加減見てみたいんですが。
・後半のキーパーとの1対1(トモキチ!!)やCKからのヘッド(なかじ!!)は決めて欲しかった(;´Д`)
・唯一ネ申がいなかったら、3~4失点はおかしくなかったかと。
・早川は去年に逆戻りだったのか、それとも今までが別人だったのか……(マテ
・早川に限らず、全体的にDF陣の動きにキレがなかったというか、精彩を欠いた感じでしたねえ。みんなボールウォッチャーになって大ピンチってパターンがしばしばあったし。
・まあ、この一週間でしっかりコンディションを整えて、次に臨んで欲しいものですね。

今回はこんな感じで。
では。

2006年4月22日 (土)

油断大敵

【J2:第11節 草津 vs 横浜FC プレビュー】「意識改革」で変貌を遂げた横浜FC相手に、草津はどこまで「本気」になれるか? [ J's GOAL ]

神戸戦の事ははもう終わった事だから、今は目の前の相手に気持ちを引き締めて臨むべきでしょう。
楽勝だなんて言える相手、今の横浜にはまだいないハズっすから。

草津は定位置とも言うべき最下位に沈んでいるとはいえ、攻撃力は去年より格段に上ですから油断は出来ないです、はっきり言って。
草津で注意すべきは太田恵介と"拒点王子"を返上した高田、それに中盤の島田と中居でしょうね。
ここら辺に自由にプレーさせるとウチとしては苦しいかと。
(吉本も怖いんだよなあ……)
まあ、今の横浜の守備ならそこら辺はしっかりとケアしてくれるとは思うんですが。
去年の正美じゃないけど、高田と正美には絶対にゴールを許す事のないように!!

攻撃ですが、城が累積で出場停止なんで代わりに入る選手がカギになってくるのではないでしょうか。
前線でのターゲットという意味では富永なんでしょうが、北村という選択肢もあるでしょうし、そろそろイザイアスを使ってもと言うところもあるでしょうし……
高木監督がどういう選手起用をしてくるか、注目したいと思います。

柏-仙台-神戸という上位三連戦から一転して、今度は追われる者としての立場で戦う事になるわけですが、最初にも書いたように気持ちを引き締めて草津に臨んでいきましょう!
それこそ、向こうの気持ちをへし折るくらいの気持ちで!

では。

続きを読む "油断大敵" »

2006年4月18日 (火)

今だけは浮かれよう(神戸戦感想)

2006 J2 第10節 横浜FC対ヴィッセル神戸[J's Goal]

(今回は欠席のため、J'sの速報やネットでの伝聞が元になってます。ご了承の程を)

無失点記録は途絶え、先制まで許したけど、すぐに追い付いて最後には勝ち越し……これが本物でなければ何が本物なのかと!!
横浜サポの皆さん、今だけは順位表を見て浮かれ、調子こいておきましょう(笑)
今度の週末にはまた試合があることですから、明日からはそれに向けて気持ちを新たに臨んでいかないとって感じですし。

今日の試合、ウッチーを前半で下げて岩倉を投入した時にはウッチーに何かアクシデントでも?!と思ったのですが、ヨンデをボランチに上げて岩倉はCBっすか!?( ̄□ ̄;)
足達の時はこんな交代策なんて見たくても見られなかったんで、真相を知った時は驚きました、マジで。
しかもそれが的中しちゃうんだから……高木采配恐るべしといったところでしょうか。
おまけに攻撃では城の2ゴールにカズの1アシストですから、まさに古巣に対してこの上ない強烈な恩返しになったのではと(笑)
その城は累積警告で今週末の草津戦は出場停止ですが、ここ最近の試合は痛み止めの注射を打っての強行出場だったんで、怪我を治すいい機会だと思ってしっかり休んで欲しいと思います。
草津戦、城がいないから……なんて言われることのないよう、他のFW陣の奮起を強く求める次第です!
頼むぞ、マジで。

では、明日のエルゴラと神奈川新聞を楽しみにしつつ、今日はこの辺で(笑)
(ニッカンも買っとくべきだな、この分じゃ)
では。

2006年4月17日 (月)

その意気やよし!

J2横浜FC内田が神戸戦でのゴール宣言[ニッカン]

毎度お馴染みのカズ&城じゃなく、ウッチーが記事になるって!(;´Д`)
しかも随分と積極的なコメントしてるし!!
うちの10番を背負ってるんだから、それくらいのことは言ってくれなきゃ困るってもんですよ。
それに、若手というよりは中心選手としてチームを引っ張らなきゃいけない立場になってきてるんだから、これ位の事はガンガン言って欲しいですし、プレーでも見せて欲しいものですよね。
という事で、明日の神戸戦は今季初ゴールを頼むぞ!!

【J2:第10節 横浜FC vs 神戸 プレビュー】広島時代の師弟関係は、J2の舞台で「監督同士」の対戦へ。明日の三ツ沢は、監督対決からも目が離せない。 [ J's GOAL ]

古巣対決(カズ・城・室井・望月)でもあり、師弟対決(バクスター・高木)でもあるこの試合、向こうには三浦淳やホルヴィといったゲームを組み立てられる選手が揃っているだけに、まずは彼らに仕事をさせない事がカギではないかと。
また、向こうにはFKという武器があるだけに、ペナルティエリア近くでのファウルは命取りになりかねないので、守備での約束事の徹底もまた大事になってくるのではないかと思います。
あと、向こうは早い時間での得点が多いので、試合の入り方というのも重要になってくるでしょうね。
攻撃については、カズと城に古巣相手に眼に物見せてほしいというのもあるんですが、上の記事にもあるようにウッチーの今季初ゴールに期待。
今度こそヒーローになってくれよ!!
神戸は勝ったと思ったら次の試合ではあっけなく大敗と言った具合に、調子に波がある事が多いので、試合の入り方を間違えずに普段通りの横浜のサッカーが出来れば負ける相手ではないと思います。
いずれにせよ、この試合をものにしてまた新たにスタートして行きましょう!

では。

2006年4月16日 (日)

最低限の結果(仙台戦感想)

2006 J2 第9節 ベガルタ仙台対横浜FC[J's Goal]

結果はスコアレスドローでしたが、両チームともリーグ最小失点数を争うくらいですから、これはやむを得ない事かと思います。
むしろ横浜としては、敵地で勝ち点1という最低限の結果を残したので、この点は評価すべきでしょう。

攻撃に関しては、数少ないチャンスをものに出来なかったという点は今後の課題でしょうね。
もっとも、仙台のブラジル人トリオを止めるのに守備に人数をかけてしまったため、攻撃に人数をかけられなかったというのもあるかと思います。
それに、仙台の守備が

攻撃はブラジル人、守備は日本人

という感じで日本人7人がしっかり守っていた為、どうしても崩しきれなかったというのもありますしね。
(うちのシュートがミドル多目だったのはそこら辺があったのかと)
なんで、富永を投入した時は前線でいいターゲットになるかと思ったんですが……引分け狙いというのもあったのかもしれませんが、あの位置取りというのは個人的には疑問です。
まあ、アウグストはマークが厳しかったとはいえ相変わらずの危険さだったし、ウッチーも攻撃によく絡んでたし(あのドライブシュートが入ってれば!!)、積極的なサイド攻撃も見られてたんで、次の神戸戦に期待したいですね。
あと、城は頼むから無理しないでくれ!!
確かにあのキープ力はうちの生命線なんだけど、先を考えるとここでの無理は……というのもあるんで。

守備ですが、

新たなネ申誕生

だったのではないかと昨日は!!
確かにトモキチと岩倉の両サイドは攻守共に奮闘してたし、早川もCBとして安定したプレーを見せてたんですが、昨日はヨンデが凄すぎた……(;´Д`)
(唯一ネ申は別。残念そこは(ryって感じでしたから)
早川-ヨンデというコンビも機能してたと思うし、岩倉も右サイドでよくやってたと思うんで、誰が入ってもディフェンスの計算が立つようになったというのは、これから先に向けて大きいですね。
(昨日はスティーブン欠場だったんで、その意味でも大きかった)
あとは光輝がそこに絡んでくるようになったり、室井が開幕戦の汚名を返上出来るようになると、さらに厚みが増してくるし、秋葉・金澤・吉岡・太田の新人もそこに絡んでくれるという事なしなんですが。

昨日の試合で連勝記録はストップしてしまいましたが、この結果は今までともすれば浮かれがちになっていた我々に対する戒めとして受け止めていこうかと思います。
次の相手は柏を倒して勢いに乗っている神戸なんで、中二日というスケジュールは確かに厳しいですがそれは向こうも同じなんで、体調を整えて三ツ沢で迎え撃ってほしいものですね。

最後に

家本氏ね

って事でひとつ(昨日の審判団全員ですけどね)
何というか……審判資格取り消しのための署名活動、アリなんじゃないですか?

では。

続きを読む "最低限の結果(仙台戦感想)" »

2006年4月14日 (金)

第二の関門

【J2:第9節 仙台 vs 横浜FC プレビュー】爆発に飢える仙台と、急成長の横浜FCの両攻撃陣が、互いに堅守を誇る相手に挑む。こじ開けた先に勝ち点3がある [ J's GOAL ]

どこも仙台相手の時は考えるだろうけど、ブラジル人トリオに仕事をさせない事がひとつ。
そして、彼ら以外の7人との連携をどうやって断つかが勝利に大きく関わってくるかと思います。
あと、梁を始めとして故障者が向こうには出始めているので、そこを上手く突ければというのも。

一方の横浜ですが、エルゴラの記事がねえ……城と軍曹が欠場って!!( ̄□ ̄;)
まだ確定というわけではありませんが、守備にしても攻撃にしても彼らの不在を感じさせないプレーを各人がしていかないとと思います。
そろそろアウグストへのマークもきつくなってくると思いますから、彼へのサポートもきちんと行わないといけないですし。
いずれにせよ、こんなところで止まるわけにはいかないんで、明日は仙スタを凍りつかせてやりましょう!!

では。

2006年4月13日 (木)

サカダイとエルゴラ

>サカダイ
そういえば先月の今頃はセルジオに怒られたりだの何だので散々な扱いだったのに、一月経った今じゃ

爽快なトライアングルアタック

だの

驚くのはまだ早い

ですから、この世界が結果を出してナンボだという事を如実に表してるのではないかと(笑)
ていうか、サポだって好成績を挙げて取り上げてもらいたいですもん、紙面に載る以上は。
あと、高木監督の記事ですが、J2で戦う際に何が必要かをきちんと分かってるようですし、噂されてる後任監督はいらないんじゃないかなあ……
「勝ってる時はいじるな」という言葉もあるくらいですし。

>エルゴラ
本当だったら月曜にこれが読めてたはずなのに、新聞休刊日ってやつは!!
まあ、水曜に読めたおかげで週末までモチベーションが維持できるというのもあるんですけどね。
週末の仙台は本気で寒いらしいけど(一ケタって!)、寒さなんて何するものぞという感じでいきましょう!

では。

2006年4月 9日 (日)

20年目の邂逅(BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4)(2006年4月8日 東京ドーム)(後半)

後半です。

14.Have A Nice Day
アルバムのタイトル曲でシングルは大ヒットしたし、CMでも使われているから場内大盛り上がり!
サビの"Have A Nice Day"では当然大合唱だったんだけど、ギターソロがリッチーじゃなくてサポートメンバーだったんですよね。
やっぱり怪我の影響かな……

14.Who Says You Can't Go Home
コーラスの"It's Alright!It's Alright!It's Alright!It's Alright!"では場内大合唱!
曲自体がキャッチーでノりやすいから、自分でも歌っててすっげー楽しかったです!!(笑)

15.It's My Life
来た来た来た来たキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ここで盛り上がらなくていつ盛り上がるんだ!(この後もあるんだけど(笑))って感じで、場内のボルテージが一気に急上昇!
ここはサビだけじゃなく最初っから歌いまくりでした。

16.I'll Be There For You (アコースティック)
ジョンとリッチーが一本のマイクで向かい合って歌う姿を見た瞬間、こらえ切れなくなって涙がこぼれてきてしまいました。
一度はこの目で見たかった場面を、大好きなこの曲で見ることが出来て感激してしまったんで……
今回はアコースティックでしたけど、こっちのバージョンもいいですねえ……

17.Blaze Of Glory (アコースティック)
ジョンのソロ曲をバンドのライブでやる必要あるんでしょうかねえ……
というわけで、ここは座って休憩してました(笑)

18.Bad Medicine
イントロが鳴った瞬間、場内大盛り上がり。
さすがは全米一位だけの事はあります。
ジョンのアクションもキレキレで、男の自分が見ても惚れ惚れしてしまいました(笑)

19.Raise Your Hands
北米ツアーではやってたようなんですが、そんな事は全く知らなかったんで、イントロが鳴った瞬間は「え、嘘!?」と信じられませんでした。
サビの"Raise Your Hands!"で拳を突き上げるのはお約束ですよね。

20.Livin' On A Prayer
本編ラスト。
言わずと知れた超名曲ですが、今回はサビを場内のファンに歌わせてからイントロが始まるという構成でした。
ただ、キーが高いから男が普通に歌うには正直キツイんですよねえ(苦笑)
でも、苦しくても歌っちゃいましたけどね!!
やっぱり最高っすよ!

アンコール1

21.I'd Die For You
個人的に今回やってくれればいいなーと思ってたんですが、まさか本当にやってくれるとは!
欲を言えば、カウントダウンライブ(88-89年)の時みたくジョンとリッチーが一本のマイクで歌ってくれればよかったんですが、それは贅沢ってもんですよね(笑)

22.Wild In The Streets
"I'd Die For You"同様"Slippery When Wet"から。
本当にあのアルバムって名曲揃いだったんだなーと痛感してしまいますね。
サビの"Wild In The Streets!"では当然大合唱だし、デヴィッドのピアノもノリノリなんで本当に楽しい曲です。

23.Just Older
曲としては地味だけど、前向きさが感じられる隠れた名曲かと。
でも、私の周りの反応はイマイチ……

24.Someday I'll Be Saturday Night
"Cross Road"からの名曲。
サビでは全員大合唱。
これも前向きな歌詞ですよね。
タイトルはどうやって訳したもんだかいつも悩むとこですが(笑)

アンコール2

25 Treat Her Right
ロイ・ヘッドのカバー曲。
オリジナルは知らなくても、サビの"Hey!Hey!Hey!Hey!"でノリノリでした。

26 Wanted Dead Or Alive
ボーカルは、1番が観客で2番がリッチー、その後がジョンだったんですが、サビだけならともかく全部観客に投げられるとこっちも正直困ってしまうというか(苦笑)
2番のリッチーですが、彼がソロを取る機会ってそうそうないんで、見られてよかったです。
相変わらず声がデカイですけどね(笑)

これで全て終了です。
終わったのは19時40分過ぎくらいだったから、2時間半くらいでしたかね?
BON JOVIのライブは長いと聞いてたんで、短いかなーとは思いましたが、MCが殆ど入らない状態で2時間半だからかなり濃い内容だったのではと思います。
それに、私自身も二時間半があっという間に感じてしまいましたし。
これで音質がよければねえ……低音部がグチャグチャで、イントロが分からないんですものorz

中学生の時に彼らの音に触れてから20年が経つ訳ですが、今回ようやくライブに足を運ぶ事が出来ました。
色々と来られなかった事情はあったんですが、こんな楽しくてハッピーなライブならもっと早く来るんだったと後悔してます(笑)
次の日本公演、必ず行きます!
ただし、土曜日以外でですが(笑)

では。

20年目の邂逅(BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4)(2006年4月8日 東京ドーム)(前半)

BON JOVI HAVE A NICE DAY supported by RAV4
ボン・ジョヴィがノリノリ東京ドーム[ニッカン]

柏戦の後、BON JOVIの日本公演初日に行ってきました。

試合終了のホイッスルと同時に競技場をダッシュで出てタクシーを拾うと、そのまま横浜駅へ。
予想通り裏道を回ってくれたので、予定より一本早い東海道線に乗ることが出来、開演時間前にドームへ着く事が出来ました。
ただ、グッズ売り場には長蛇の列が出来ていたので、買い物は終演後にする事に決め、中へ。
席は一塁側バルコニー席でステージからはやや遠いながらも、普段は年間シートとして使うためか椅子にクッションが張ってあったり専用ロビーや売店があったりして、中々いい感じでした。
席に着いてからは、売店でパンフや飲み物を買ったりレプリカから普段着に着替えたりして開演を待っていると、17時15分過ぎに今まで流れていたAC/DCのBGMから耳慣れないSEが流れ、いよいよスタート!

初日のセットリストは以下の通りです。
1.Last Man Standing
事前に一曲目がこれだとは知ってたけど、アリーナ中央にしつらえたミニステージにジョンが現れ、そこからスタートするとは!
(ジョン以外のメンバーはメインステージ)
アリーナが大騒ぎだったんで何かと思ったら……完璧にやられました。
心配されたリッチーですが、ギターを右肩から下げての演奏で一安心。
ただ、なで肩だったら絶対ずり下がるぞアレは……
歌い終わるとジョンは花道を通ってステージへ。
ファンは触りまくりでどっかのプロレス会場みたいなノリでした(笑)

2.You Give Love A Bad Name
ここ最近のライブでは2番目が定位置ですね。
20年聞いてるから当然最後まで歌いっ放し、サビでは大合唱。
気持ちいいわ鳥肌立ちまくりだわで、早くも涙腺が決壊寸前(笑)

3.Complicated
新曲。
ポップでキャッチーなんで、つなぎにはもってこいの曲ですね。

4.Born To Be My Baby
"New Jersey"では"I'll Be There For You "と並んで好きな曲。
キーがキツイからライブじゃやらないと聞いてたんで、イントロが流れた瞬間驚きました。
サビは勿論、「ナナナナーナナナーナー」では当然大合唱!

5.Story Of My Life
新曲。
アルバムではラストを飾るにふさわしい、次に繋がる期待感を感じさせる楽曲でしたが、ライブで聞いてもいい曲だなーと実感。

6.I'll Sleep When I'm Dead
ここはヨコノリで一休み。
ピアノのイントロが印象的で悪い曲じゃないんですけどね。

7.Runaway
ジョンが時間を遡る形でカウントダウンを始めたんで、「これは……」と思ったらあのイントロが!
中学生の時、音楽室のオルガンで友達とイントロを弾きまくったなー(笑)
(他にはVAN HALENの"JUMP"や"DREAMS"とか)
以前のライブではスローバージョンだったんですが、今回はオリジナルで演奏してくれて大満足!!

8.The Radio Saved My Life Tonight
耳慣れない曲だったんでカバーかと思ったんですが、ボックスセット収録曲だったんですね。
曲は悪くなかっただけに、知らなかったのが悔やまれるというか(苦笑)

9.Bounce
"Bounce"からは唯一の曲。
サビでは拳を振り上げて大合唱。
バルコニー席は大人しい人が多いんでどれだけ騒げるか不安だったんだけど、周りを見ると結構盛り上がってたんでホッとしました。

10.In These Arms
"Keep the Faith"からは唯一の曲。
勿論名曲なんだけど、特にサビの歌詞が感動的で、ここでも涙腺がヤバい事に。
ただ、この曲に限ったことじゃないんだけど、音が悪くてジョンが歌うまで曲が分からない事が度々(泣)

11.I Want To Be Loved
新曲。
ま、これもつなぎみたいなもんですよね。

12.I Won't Back Down
トム・ペティのカバー曲。

続きは後半で。

新たなる歴史(柏戦感想)

2006 J2 第8節 横浜FC対柏レイソル[J's Goal]
カズ&城が決めて横浜FC4連勝/J2[ニッカン]
中2日の柏…連勝6で止まる/J2

ついに今季無敗の柏を止めてチーム初の4連勝を達成したわけですが、チームは勿論私たちもこれくらいで満足せず、仙台・神戸と勝利を重ねてさらなる歴史を築いていかなければと思います。
そのためには、私たちサポも選手たちに伝わるよう頑張っていかなきゃいけないんですけどね。
とりあえずは次の仙台戦、行ける人はユアスタに集結って事で。
チケットもそろそろヤバイかもしれないですし(笑)

試合についてですが、今回は何と言ってもルイスに尽きると思います。
先週の水戸戦からチームにフィットしてきた印象がありましたが、昨日の試合でついに本来の実力を見せ付けるのに至ったのではないかと。

『ブラジル人は日本のサッカーに慣れるまで我慢』

とは聞いた事があるけど、まさにその通りだったとは(苦笑)
昨日の試合だって2アシストは勿論だけど、ボールを持たせりゃしっかりキープしてくれるから周りの選手が上がってこれるし、おまけにお手本のような守備までこなしてくれるし!
10人になってからは1トップを務めてたけど、ボールが来たら柏陣内へ持ち込んでくれるからその間に守備を建て直せるし、まさに昨日はルイス様々でしたね。
惜しかったのは南と岡山をかわしての3点目かというシュートだったんですが……次こそは!

守備については、後半途中から10人になってしまったにもかかわらず、最後まで集中を切らさずによく守っていたと思います。
特に、昨日はディエゴを抑えて仕事をさせなかった事が勝利に繋がったと思いますし。
(FKは脅威でしたが(苦笑))
で、なかじ退場でどうすんだと思ってたら、サブに岩倉を入れてたのがここで活きてくるとは思っても見ませんでしたから!(笑)
(なかじも退場までは攻守に貢献してましたから、あのシュミレーションは勿体ないよなあ……)
岩倉はてっきり後半の短い時間に使ってくるかと思ったんで、正直長い時間はどうかな……と不安もあったんですが、使えるメドが思いっきり立ってしまいました(笑)
守備は勿論だけど、ルイスばりに相手DFをものともせずにドリブルで突破する場面も見せてくれたんで、これだったら今度の仙台戦でスタメン起用もいけるんじゃないんですか?
誰かが欠けても次が出てくるというこのチーム状況、以前だったら考えられない事ですよねえ……
ていうか、サブに岩倉を入れていた高木監督の勝負運が神がかり的としか思えないんですけどね!!w
いや、マジで。

次の仙台戦、ブラジル人トリオに加えて中盤の3人も強力なんでそこをいかに抑えられるかがカギになってくるかと思います。
あとは……天候ですよねえ。
水曜の試合なんて途中から雪だったっていうし!!( ̄□ ̄;)
中二日で神戸戦が控えてるだけに、うまくコンディションを調整してこの3連戦を乗り切って欲しいと思います。

最後に、後に予定が入っていたとはいえ片付けもせずに試合終了と同時に帰ってしまい、申し訳ありませんでした。
これからは、週末に他の予定は入れないように細心の注意を払いたいと思います。

では。

続きを読む "新たなる歴史(柏戦感想)" »

2006年4月 8日 (土)

決戦の朝

【J2:第8節 横浜FC vs 柏 プレビュー】首位を独走する柏に対し、徐々に勢いを増してきた横浜FC。ホームでその底力を発揮し、4連勝なるか?! [ J's GOAL ]

おはようございます。
本当だったら昨夜のうちに更新してるはずだったんですが、コタツで爆睡しちゃったもんで気付いたらこの時間という体たらくです(笑)
こういう大きなイベントがある前日って大抵寝不足モードなのになー、俺(苦笑)

で、今日の柏戦。
向こうが開幕以来負けなしというけど、こっちだって監督交代以来負けなしですからねえ。
純然たる戦力という意味では向こうに分があるけど、今の横浜には安定した守備と勢いがあるんで、今まで通りのサッカーがやれれば決して負けない相手ではないと思います。
それに、今まで散々書いてきたけど、向こうは中二日なのに対してこっちは中一週間ですから!
4連勝という横浜の新しい歴史を作る為にも、私たちの力で勝たせましょう!

しかし、これで残るは今日の天気だけとなりましたか……
頼むからもってくれよ。

あと、手拍子の際は手を高く上げてという事でお願いします。
正直苦しいかと思うけど、低いままだとカッコ悪いし、選手にも伝わらないんで。
辛くなったら休憩を入れてもいいんで、何卒よろしくお願いします。

では。

2006年4月 5日 (水)

四日天下

【J2:第7節】本日の試合結果 [ J's GOAL ]

ま、こんなもんですよね。
というか、今節の結果によっては6位かそこらまで落ちかねなかったんだから、よくもまあ4位で踏みとどまってくれたもんだと。
それに、週末の大一番を前にしっかり休養も取れたことですし、贅沢を言ったらバチが当たりますって(笑)
相手は強敵だけど土曜日もしっかり勝って、チーム新記録の4連勝といきましょう!!

では。


続きを読む "四日天下" »

2006年4月 2日 (日)

桜も試合も満開(水戸戦補足)

試合以外で気付いた事について、いくつか。

>サイン会
ヨンデ・吉野・吉岡と結構なメンツだったんで、久しぶりにこの手のイベントに並んでしまいました(笑)
三人の中では吉岡のサインが一番大きかったんで、プレーの方でも目立って欲しいなと。
練習試合等でもいい動きをしてると、もっぱらの評判ですし。
あと、俺も含めてG裏の連中が数名並んでたんで、外野がうるさいうるさい(笑)
ま、うちのイベントって淡々と進行して終了ってのばかりだから、あれ位の方がいいんじゃないかなーと思うんですけどね。
それに、最後はヨンデの歌や吉野コールで締めたんだし、それだけ試合での活躍に期待してるって事ですから。
というわけで、三人とも頼むぞ!

>ケンタ
保温器に入れてから温まるまでに30分かかるそうなんで、開場30分前には準備完了しておく必要があるのでは?
もっとも、それをやると今度はカツサンドのキャベツが熱でクタッとしちゃうんですけどね……
ま、昨日はナプキンをちゃんと用意してくれてたんで、それはオッケーかなと。
これからも買わせていただくんで、お願いしますよ!

>観客動員数
花見日和&横酷で試合があったせいか……3,000人にまで落ち込みましたorz
加えて相手が水戸というのもあったんだろうけど、ここまで落ち込むとは。
いい加減、チケット料金と席種改訂が誤りだったって事、認めたらどうっすか?
この現状、他が酷いからうちが目立たないだけなんですから。
とりあえず、回数券の復活とバックスタンド両脇の料金をG裏と同額にするのは必要ではと思いました。

>試合後
G裏に向かって手を振ったり、名前をコールしたらお父さんの言う事を聞いてお辞儀したりと、城の娘さんには青い血が流れてるとみたね!(ヲ
ていうか、城が横浜に移ってから産まれたお子さんなんだし、あながち間違いじゃないかと思うんですが(笑)

こんな感じっすね、昨日は。
では。

2006年4月 1日 (土)

今はただ喜びに浸るのみ(水戸戦感想)

2006 J2 第6節 横浜FC対水戸ホーリーホック[J's Goal]
横浜FCは3連勝で2位浮上/J2[ニッカン]

来週は柏戦が控えてるから浮かれてばっかりもいられないんだけどねえ……3連勝で2位なんてそうそうあるもんじゃないから、たまには喜ばせてくださいよ(笑)
というのも、それだけ今日の試合が安心して見てられたからなんですけどね。

今日の試合で一番に目に付いたのは、選手間での連携が深まってるという事でした。
今までの試合では中々見られなかった、ワンタッチでのパスを繋いでゴール前へという場面が再三に渡って見られるようになったのは、いかにチームが好調を維持し、成熟しつつあるかという証ではないかと思います。
その中でも特に大きいのは、アウグストがチームにフィットするようになった事でしょうね。
彼お得意のドリブルだけでなく、パスでもチャンスを生み出せるようになってきたし、課題だった守備もこなせるようになったというのは、チームにとっては大きな上積みといってもいいかと思います。
それに、FKから1アシストも決めましたしね。
で、その守備にしてもヨンデの出場停止を感じさせない安定したもので、おかげで菅野が目立たない目立たない(笑)
得点が両方ともセットプレーからのものだったんで、流れからの得点をというのは正直ありますし、もう少し決定力が……というのもありますが、これだけ守備が安定してればそうそう大崩れはないと思いますね。

来週は横浜の実力と真価が問われる柏戦ですが、中六日というインターバルがあるのはこっちとしては有利なんで、この間にやれる事をやって柏に挑みたいですね。
今の横浜なら、きっとやってくれますって!
そのためにも、来週も横浜を盛り上げていきましょう!!

では。

今年は今年

【J2:第6節 横浜FC vs 水戸 プレビュー】昨季の悪夢を振り払いたい横浜FC。連敗を阻止して上位に食い込みたい水戸。勝点3を巡る駆け引きが試合を面白くさせる。 [ J's GOAL ]

去年は去年、今年は今年なんだから、戦う前から悲観的になる必要もないし、かといって楽観的なのもどうかと思うんだけど、要は普段通り私たちも試合に臨めばいいのではないのでしょうか?
確かに決定力という意味じゃ問題アリなんだけど、その分守備がよく踏ん張ってるんだから、先週みたくワンチャンスをモノに出来れば勝てない相手じゃないんですし。
ここで三連勝を決めて、勢いを本物にしていきましょう!
納豆何するものぞ!!

あと、G裏女将からの呼びかけにもある通り、淳吾へのブーイングはナシで行きませんか?
臼井もそうなんだけど、「ブーイングされた方が燃える」って言ってる奴にブーイングしたって、結局は向こうを喜ばすだけなんだし、だったら生暖かく見守ってあげようじゃないかと思うのですが。
それに三連勝がかかってる試合なんだから、ブーイングして向こうをノせたりなんかしたら、何のためのサポなんだって気もしますし。
ということで、相手のことはどうでもいいから、まずは横浜を勝たせるよう私たちが頑張らないと。

では。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

twitter

  • twitter