« 期待したくもなるって(笑) | トップページ | 出撃 »

2006年3月 2日 (木)

誰も寝てはならぬ

プロローグ天空伝説 ウリ・ジョン・ロート

世間的には、荒川さんの金メダルで有名になった『トゥーランドット』ですが、自分はこれの1曲目で知りました。
歌詞や曲にアレンジが施されているんだけど、主旋律は間違いなくアレです。
そして、ヴァイオリンの音をギターで再現する為に作られた、"スカイギター"の音色に痺れてください。
7弦&36フレットだからこそ可能な、天空へ舞い上がるかのごとき音色がそこにはあります。
私も初めて聞いた時、ギターの音だとはとても信じられませんでしたから。
カテゴリーとしてはハードロック/ヘビーメタルの部類に入るんですが、クラシックの要素がかなり強いんでハードロック系が苦手な人でも聞きやすいと思いますよ。
(最新作もビバルディの"四季"の完コピ+αですし)

ていうか、続編の「SYMPHONIC LEGENDS」はいつになったら出るんだよ。
こちとら冗談抜きで10年待ってるというのに(苦笑)

では。

>追記
まあ、HR/HMやプログレを聞いてるとクラシックにも自然と手が伸びるようになるんですよ。
特にリッチー・ブラックモアやイングヴェイ、EL&Pなんて聞いてると。
(あと、赤ん坊の時に親が子守唄代わりにレコードをかけてたってのもあるかも)
正直な話、EL&Pを聞いてなかったらコープランドやヒナステラなんて一生聞かなかったぞ(笑)

« 期待したくもなるって(笑) | トップページ | 出撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/889792

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も寝てはならぬ:

« 期待したくもなるって(笑) | トップページ | 出撃 »

twitter

  • twitter