« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

クボタマ、海を越える

久保田学選手がニューウェーブ北九州に移籍 [横浜FC]
横浜FC久保田が九州リーグへ[ニッカン]

ようやくこれで全員(べべは別として)の進路が決まりました。
現役続行もいれば引退して別の道を歩む選手もいるわけですが、それぞれの進路で輝きを放って欲しいものだと思います。
で、久保田ですが、向こうには信義もいる事だし、新天地でも気持ちの入ったクボタマらしいプレーを見せる事が出来るのではないかと、期待してます。

『プレーは熱く、頭は冷静に』

で、九州でも頑張れクボタマ!

ちなみに公式によると、5/20に長崎でV・ファーレン長崎と対戦するようなので、翌21日の鳥栖戦は前泊という方は、長崎まで足を運ばれてはいかがでしょうか?
私は日帰りなんで無理ですけどね(苦笑)

それから、現在発売中のSTAR SOCCER5月号でNW北九州が取り上げられているのですが、新入団選手として信義が紹介されてます。
興味のある方はどうぞという事で。

では。

仕事してんのかなあ……

いや、クラメンの会費や年チケ代の支払いについてなんですけどね。
今日、カード会社から利用明細(4月度)が届いたんだけど、その中にクラメンの会費や年チケの料金が入ってないんですよ。
自分の場合、クラメンにしろ年チケにしろ期限ギリギリに申し込むから、支払い開始が3月からになってしまうんだけど、それでも去年まではちゃんと支払ってきてたし、申し込み自体は済ませてるから、クラメンのカードや年チケそのものは手元にあるんですよ、ええ。
クラメンとか年チケを申し込むようになって結構経つけど、4月まで支払いが発生しないなんて事は今までなかったんですが……

ま、あとで会社に対して問い合わせてみます。
会社も色々大変だろうけど、ちゃんと仕事して欲しいものですねえ。

では。

2006年3月27日 (月)

公式リニューアルの件

オフィシャルホームページをリニューアルのお知らせ [横浜FC]

で、リニューアルされたわけなんですが、デザインは前と比べてかなり良くなったのではないかと思います。
FLASHを使ってるのはどうかとか、白地にグレーのフォントは見にくいのではないかとか言いたい事はありますが、それでも前に比べたらねえ……(苦笑)
と思ったら、

太田のプロフィールカズのプロフィールが酷い事に(つд`)

太田の試合出場数とカズの代表通算ゴール数が!!( ̄□ ̄;)
おまけに、吉岡のローマ字表記が小山のになってるし!
せっかくリニューアルしたって言うのに、こういうのを

仏作って魂入れず

て言うんだろうなあ……(溜息
あと、過去の試合結果が見られなかったり、監督記者会見や試合記録が見られなくなってしまってるんで、そこら辺も要修正ですね。
まあ、Web担当のグダグダっぷりは今に始まった事じゃないんだけど、社会人としてきちんとした仕事をして欲しいものですわ、ええ。

では。

2006年3月25日 (土)

連勝!(札幌戦感想)

2006 J2 第4節 コンサドーレ札幌対横浜FC[J's Goal]

今日はFWとMFが昨シーズン後半のメンバーまんまだったんだけど、結果的にはこれが一番落ち着く面子なのかなー。
得点にしても内田-北村で決まってるし。
ただ、気がかりなのはヨンデが4枚目のイエローをもらっちゃったんで、次の水戸戦は誰が軍曹の相方を務めるかというところなんだけど。
室井は速さがないし早川はポカが怖いし……、思い切って秋葉を使うってのはどうでしょうか?
あるいは、怪我からの回復具合にもよるけど岩倉とか。

【J2:第5節 札幌 vs 横浜FC レポート】試合の主導権を握りながら、勝点を取れない札幌。横浜FCは前節に続き最少得点を守り抜き勝利。 [J's GOAL]

シュート数が札幌の14に対して横浜がたったの5本だったんで押されっ放しかと思ったんだけど……しっかり守って相手に何もさせなかったんですねえ。
カズ→早川への交代にしても、ディフェンスラインの前に置いてさらに守備を強固なものにするためのものですし、これこそまさに「アウェイでの勝ち方」としか言い様がないですね。
まあ、先制点→守備を固めて逃げ切りというのは水戸っぽくてどうかと思うんだけど、決定力不足なうちにしたらこれが最善の策なんでしょうし、次節はその水戸が相手なんで向こうのお株を奪う堅守速攻で勝つしかないでしょう!
もちろん、淳吾には何もさせないというのは当然の事なんだけど(笑)

では。

敵は相手だけじゃない

【J2:第5節 札幌 vs 横浜FC プレビュー】前節で初勝利を収めた横浜FC。いまだ波に乗れない札幌は、その勢いを止められるか。 [ J's GOAL]

フッキが出場停止中なのに加えてチーム全体がコンディション不良なので、つけ入るスキは充分にあると思いますが、連携の深さという点では相手に分があるだけに、そこをどうやって現状の戦力で崩していくかがカギになると思います。
となると、やっぱり内田を中心に右サイドから崩していき、そこにFWに加えて吉野が飛び込んでいければ……って感じな攻めを期待したいです。
最初はどうなる事かと思ったけど、ここ最近は横浜に溶け込んできてるようでプレーも安定してますから、ここで一発!<吉野

ただ、北海道の天気予報をチェックしたんですが……室蘭の最高気温が5℃って!( ̄□ ̄;)
こうなってくると敵は相手チームだけじゃねえよなあ(苦笑)
こうなったら、本土から念を送り続けて選手たちと現地組を後押しするしかないっすね!
頼んだぞ!

では。

2006年3月21日 (火)

初勝利(山形戦感想)

2006 J2 第4節 横浜FC対モンテディオ山形[J's Goal]

まずは、高木監督初勝利おめでとうございます。
PKによる1点だけだとか、10人の相手に後半は押し込まれまくってたとか、内容としては決して褒められたものではありませんが、今の横浜に必要なのは勝ち点3なので、結果を出したという事だけは評価しなければと思います。
まあしかし、本当に今日は菅野様々でしたわ、ええ(苦笑)

今日の選手起用ですが、内田の右サイドでの起用やアウグストのFWでの起用は、今後シーズンを戦う上でカギになるかと思います。
内田の場合は、彼の豊富な運動量がサイドで充分生きていましたし、アウグストはシュートの場面を見ても分かるように、ゴールに近い位置でプレーした方が良さが出ると思いますし。
次の札幌戦は相手が相手だけに楽観視出来ないけど、勝ち点はモノにしてくれるのではないかと期待したいです。
留守番組への吉報、待ってますから!!

あと、今日の試合からケンタッキーフライドチキンの販売が始まりましたが、これは素直にうれしいです。
今まで各所で言われてたように、三ツ沢って食事に恵まれませんでしたから、これで少しは改善される事を願いたいです。
今日はアウェイ側にブースを設けてなかったりとか、ペーパーナプキンを準備してなかった(!)といった不手際がありましたが、それは次回への課題という事で、今後もよろしくお願いします。
大体、オーナーが給食屋でピザ屋がスポンサーに入ってるんですから、もっともっとやれる筈!
というわけで、ピザーラさんよろしくって事で(マジ

では。

本当の開幕戦

【J2:第4節 横浜FC vs 山形 プレビュー】まだ白星がない両チーム。1年生監督同士の対決、キーワードは「決定力」。[ J's GOAL ]

まあ、アレですよ。
横浜の場合、鳥栖・徳島戦は高木監督にとってPSMのようなもんですから(マテ)、明日からが本番モードということに……しないとマズイでしょ、いくら何でも。
ましてや、相手は調子の上がらない山形ですし、ここできっちり勝利を挙げて上昇のきっかけにしないと。
中二日と厳しいスケジュールなんで、スタメン選びや交替選手投入のタイミングが勝負の分かれ目になると思います。
なので、代える時はスパッと思い切りよくお願いします!
あとは、監督の経験を活かして選手たちにゴールへの執念を叩き込んで欲しいものだと。

そういえば、やっとこさ三ツ沢で声が出せるんですよねえ……
鳥栖戦の時はホーム開幕戦と言う感じがしなかったんで、その意味でも明日はやるしか!

では。

2006年3月19日 (日)

次は勝利(徳島戦感想)

2006 J2 第3節 徳島ヴォルティス対横浜FC[J's Goal]

見てないんでどうこう言えないんだけど、大人相手にようやっと点を取ったことだし、次の目標は勝利しかないですね。
ただ、次の山形戦は現状からするとスタメン入れ替えは必須ではないでしょうか。
例えば、

カズ→北村
アウグスト→内田

はやむを得ないというか当然でしょうし、ボランチだってどちらかをヨンデに代えて、空いたCBに秋葉を入れるというのも考えた方がいいのかもしれませんし、あるいは、昨シーズンのように両SHに吉武と北村が入り、ボランチは山口-内田で行くというのも一つの方法かもしれません。
いずれにせよ、現状を打破するにはスタメン変更も一つの手段という事で。
つーか、あの田舎チームにだけは負けたくないんでwww

では。

2006年3月16日 (木)

要お祓い

J2横浜FC得点力不足、大学生に0点[ニッカン]
カズ、大学生にナメられた 関東2部慶大に“仮想・拓大” 主力組も不発[報知]
横浜FC、どこまで続く0点地獄…高木新監督「信じてます」[サンスポ]

だーかーら、こんな事で取り上げられるのは大概にしてくれと(つд`)
開幕前に必勝祈願なんてやったけど、本当にやるべきだったのはお祓いだったのでは?
何しろ、去年までうちには拒点王子が在籍してたから、その呪いが残っててもおかしくないんだし。
今度の徳島戦、相手は2試合連続4失点と守備がガタガタだけど、相手が相手(緑と柏)だっただけにうちが点を取れるかといったら、その保障もないわけで。
こうなったら、富永先発で勝負するしかねーだろ!
去年のハットトリック再び!!

>ナンバー最新号
あの"痛い"MCの正体が分かって、ゲンナリしてます(つд`)
もうね、頼むから六本木に帰ってくれと。
「三ツ沢でサッカーを観る」、それ自体が最大のウリだって事にフロントが気付いて欲しいんですけどねえ……

では。

2006年3月15日 (水)

必死だなw

横浜FC奥寺社長、ジャージ姿で陣頭指揮[ニッカン]

こういう状況ですから、

「世界のオクデラ」(ぷ

が陣頭指揮を執られるのは大いに結構な事だとは思うんですが、くれぐれも

「奥寺さんは社長でありながらジャージ姿で随分気合が入った出で立ちですね」

などとどっかの女子アナに言われたりしないようにwww
(元ネタはこちら)

まあ、普段のチーム運営もこれくらいやってくれよというのが正直なところなんですが。

>エルゴラ
喜熨斗コーチ、ぶちまけちゃってるなあ……( ̄□ ̄;)

しかし、フロントの不手際が我々サポに及ぶだけならまだ我慢のしようもあるのですが(限界を超えそうなんだけど)、選手やスタッフにまで累を及ぼすというのはフロントとしての資格なしと断言したいですな。
敵が身内に存在するなんて、戦う前から負けてるようなもんですぜ、冗談抜きで。

>サカダイ
セルジオ越後に怒られるわ、モノクロのトップで扱われるわ、露出だけならJ1級なんですが……こんな扱われ方はカンベンしてくれよって感じです(つд`)
セルジオの仰る事は至極ごもっともな事で、それらを踏まえた上での解任じゃなかったから今回の沈黙応援に繋がったわけなんですけどね。

では。

2006年3月12日 (日)

最近読んだ本(1)

俺が近所の公園でリフティングしていたら[Amazon]

こちらの記事(3/7)を読むまでは、書籍化された事すら知りませんでした(苦笑)
2chの国内サッカー板屈指の良スレとして連載中から評判だった作品でしたが、ここ最近の流行りかどうかは分からないけどこうやって書籍となって多くの人の目に触れるというのは幸せな事だと思います。
私も連載時に読んでたクチでしたが、主人公ヒロキの成長と挫折、そして復活には何度も胸が熱くなりました。
何より、現実の国際大会とリンクしているというのが、連載当時に熱狂した最大の要因なわけで、6月のドイツで日本代表がどのような試合を見せてくれるのか、本書を読みながら思いを馳せると一層楽しめると思いますよ。
サッカー小説としては勿論ですが、青春小説としても優れた作品なんで、是非ご一読を。
ていうか、これが処女作だなんて到底信じられないっすよ、マジで。

では。

2006年3月11日 (土)

STARTING OVER(鳥栖戦感想)

2006 J2 第2節 横浜FC対サガン鳥栖[J's Goal]
横浜FC高木監督引き分けに残念/J2[ニッカン]

はっきり言って、菅野はネ申。
彼がいなかったら4~5点は取られててもおかしくなかったです。
正直、中盤でフリーにさせ過ぎですよ、あれじゃ。
ボランチの組合せを変えていかないと、これから先厳しいかも……
(ヨンデをボランチに上げて、軍曹の相方は秋葉というのも悪くないかと)
アウグストは相変わらず玉離れが悪いけど、強引に突破しようという姿勢が再三の相手ファールに繋がってたんで、あれは今後も続けて欲しいです。
ていうか、他の選手にもあれくらいの強引さが必要ですってば(苦笑)
ただ、先発というよりはスーパーサブ的な役割の方がハマるのかもしれませんが。

肝心の高木の采配だけど、これ以上ないくらいの手堅さ・的確さだったと思います。
欲を言えば、吉武→富永の交代がもう少し早ければ……といったところですかねえ。
富永の高さは相手にしたら脅威なんで、少しでも長い時間使いたいですし。
(吉武が傷んだ場面、あそこで代えるというのも手だったかと)
まあ、足達の迷采配に比べたら遥かに真っ当な采配だったんで、これから先も期待しつつ見守って行きたいと思います。
とりあえず、内田と北村は先発に回すということでひとつ。

今日はスコアレスドローという結果でしたが、後はきっかけさえあればという感じだから、これを次の徳島戦につなげてほしいです。
まさに今日からがSTARTING OVER(やり直し)ですよ、ええ。

では。

2006年3月 9日 (木)

やるしかない

俺達は開幕戦後の監督解任に対して抵抗する

その手段としてホーム開幕戦において沈黙を貫く

監督が誰かは問題ではない

昇格のために本気で戦うチームを信じたい

フロント・選手・サポーター

今こそ団結しよう


詳しい内容については、BALL OR NOTHINGの3/9をご覧ください。
私は話し合いの場にいなかったんで、どうこう言える立場じゃないのですが、誰だって好きでこんな事やるわけじゃないし、状況がこうせざるを得ない所まで進行してしまってるという事なのです。
ホーム開幕戦にこういう事をしなきゃならないのは正直辛いですが、ご理解いただけたらと思います。
各々のポジションなりの意思表示、示していきましょう。

では。

2006年3月 7日 (火)

それでも任せるしかない

高木新監督のもと横浜FCが初練習[ニッカン]

こうなってしまった以上は任せるしかないというのが本音なんで、今度の鳥栖戦は新監督に初勝利をもたらせるよう精一杯やっていくしかないっすよ。
監督経験がないというのは不安材料だし、うちはベテランが多いから彼らに対して毅然とした態度が取れるかがカギになりますよね。
カズだからって遠慮しないでガンガン言っていいんだし、間違ったってさん付けなんかするなよ!!(笑)

それから、

監督の首を切りました

新監督を据えました、めでたしめでたし

で終わると思ったら大間違いだぞフロント!
特に新聞に名前の出た連中は、どうやって責任をとればいいかよく考えておけ!

あと最後に


ばーか


では。

The show must go on.

足達監督解任、後任監督は高木琢也コーチが就任[公式]
横浜FC監督に高木氏、開幕1試合で交代[ニッカン]

こんな事があったんじゃ、さすがにアンテナも止まるってのw
(前からだって。ていうか中の人どうした?)

まあしかし、今まで散々ネタチームだなんだって言われ続けてきたけど、開幕1試合で監督解任なんて大ネタを持ってこられたら誰も勝てやしねえって。
ということは、これで監督・監督補佐・主将が元日本代表かあ……
豪華過ぎてこれから先どうなるか、予想がつかないなー(棒読み

真面目な話、今年に入ってからフロントの不手際というか仕事の出来なさっぷりが目に付いてたけど、全てはここからだったんだなあというのが率直な感想です。
開幕1試合で解任するんだったら、何で去年のうちに切れなかったんだと言いたいし、噂に挙がってる違約金云々でこの時期の解任になったのかと問い詰めたいです。
大体、副社長が

昨季、ことしのキャンプなども総合的に考えて

って言ってる時点で、去年のうちに切る機会があったって言ってるようなものだもの。
こんな事やってたんじゃ、J1昇格なんて寝言言ってるとしか思われないぞ。
で、後任は予想通りアジアの大砲……いやいや、何と言ったらいいものやらヽ(´ー`)ノ

ま、それでも週末はやってくるわけだし、土曜の朝を迎えたら三ツ沢に集結するだけなんですけどね。
とどのつまり、

The show must go on.

ですから。

では。

2006年3月 4日 (土)

ここですか?(愛媛戦感想)

2006 J2 第1節 愛媛 vs 横浜FC[J's Goal]
横浜FCが終了間際に決勝弾浴びる/J2[ニッカン]

こ  こ  だ  と  も  !!

こんな事なら昨日あんな大口を叩くんじゃなかったよ!!(つд`)

しかし、よくよく考えてみたら、シーズン前に出来なかった事(学生以外からの得点)をリーグ戦が始まってから出来るわけがないというのも確かなわけで、とするとこの敗戦も必然なのかも。
各サイトを巡回した限りでは、全体のコンビネーションは勿論だけど、八月や吉野のポジショニングやプレイの質、室井の速さへの対応等に批判が集まっているようなので、まずはそこから立て直す事が必要だと思います。
まず最初に、ウッチーと光輝の先発起用求むってことで。

それから、選手起用についてだけど

聖域を作るな!

と言いたいです。
例えカズであっても代えるときはスパッと代えて欲しいですし、他の選手の調子が良ければカズをスタメンもしくはベンチから外す事もして欲しいのです。
それがチームの勝利に繋がるのであれば、俺らは何も言いません。
今日の試合にしたって、もっと早い時間、極端な話後半開始からイザイアスを投入するのもアリだったんですから。
ていうか相変わらず選手交代で後手踏み過ぎだって足達は(つд`)

今度の鳥栖戦、三ツ沢での開幕ゲームだから

絶対に勝つぞ!

では。

2006年3月 3日 (金)

出撃

12月に流す涙を、歓喜の涙にしたいから。
選手たちと共に、俺たちも行くぞ。

2006Jリーグ ディビジョン2という、戦地へと!

てな事書いてるくせに、開幕の愛媛は仕事で不参加なんですけどね!(つд`)
しょうがないんで、明日は職場で速報をチェックする事にします(苦笑)
現地組の皆さん、留守番組の分まで愛媛の連中にJの恐ろしさをたっぷりと教えてきてやってください!
そして、

勝利という名の栄光を、共に!

では。

続きを読む "出撃" »

2006年3月 2日 (木)

誰も寝てはならぬ

プロローグ天空伝説 ウリ・ジョン・ロート

世間的には、荒川さんの金メダルで有名になった『トゥーランドット』ですが、自分はこれの1曲目で知りました。
歌詞や曲にアレンジが施されているんだけど、主旋律は間違いなくアレです。
そして、ヴァイオリンの音をギターで再現する為に作られた、"スカイギター"の音色に痺れてください。
7弦&36フレットだからこそ可能な、天空へ舞い上がるかのごとき音色がそこにはあります。
私も初めて聞いた時、ギターの音だとはとても信じられませんでしたから。
カテゴリーとしてはハードロック/ヘビーメタルの部類に入るんですが、クラシックの要素がかなり強いんでハードロック系が苦手な人でも聞きやすいと思いますよ。
(最新作もビバルディの"四季"の完コピ+αですし)

ていうか、続編の「SYMPHONIC LEGENDS」はいつになったら出るんだよ。
こちとら冗談抜きで10年待ってるというのに(苦笑)

では。

>追記
まあ、HR/HMやプログレを聞いてるとクラシックにも自然と手が伸びるようになるんですよ。
特にリッチー・ブラックモアやイングヴェイ、EL&Pなんて聞いてると。
(あと、赤ん坊の時に親が子守唄代わりにレコードをかけてたってのもあるかも)
正直な話、EL&Pを聞いてなかったらコープランドやヒナステラなんて一生聞かなかったぞ(笑)

期待したくもなるって(笑)

[ 2006 シーズン 開幕特集:愛媛vs横浜FC ]

ここで城に、『握手しようとした相手の手を払いのける』だの『持っていた花束を叩きつける』(持ってないって!)だの

至近距離で睨み合う相手にいきなりキス

だのを期待する私は、プロレスや総合格闘技の見過ぎですな(笑)
つーか、タイトルマッチの調印式や試合前じゃないんだからwww
ま、そんな事するまでもない相手だから(しちゃマズイって)、4日はサクッとJの恐ろしさを教えてあげましょうということで。

でも、城ってこういう事もやってたんだから、別に問題ないんだよね(問題あるって)

では。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

twitter

  • twitter