« 評価が難しい | トップページ | それぞれの道 »

2006年2月14日 (火)

ある意味勝ち組

早大金星!トヨタ撃破4強/ラグビー

いしきんさんじゃないけど、こっちの方に集中してたもんだからプレシーズンマッチの事なんてすっかり頭から飛んでました(笑)
おかげで、歴史的瞬間を見ることが出来たんで、これもある意味勝ち組かなとw
ま、自分も小~中学時代とはいえ経験者の端くれなんで、ビッグゲームの時はどうしたってそっちの方が気になるんですよ(苦笑)

試合の感想ですが、戦前は「これで勝てなかったら今後10年は学生に勝ち目はないな」と思っていただけに、よくぞ勝ってくれた早稲田!といったところです。
これも、トヨタを徹底的に研究し尽くしたスカウティングと、5シーズンに渡ってチームをここまで作り上げていった清宮体制の勝利だと思います。
トップリーグ上位チームに対してFWで真っ向勝負を挑み、尚且つドライブモールでトライを奪うなんてラグビー好きからしたら信じられないような事をやってのけたのが、その一つの結果でしょう。
(あと、トヨタが早稲田に対して苦手意識を持っていたのも早稲田勝利の要因かも)

あと、忘れちゃならないのが早稲田フィフティーンを後押しした秩父宮の大観衆ですね。
トヨタが少しでもおかしなプレーをすると大ブーイングが起きてましたが、あれでレフェリーとラインジャッジがトヨタのラフプレーに敏感になってしまい、後半20分過ぎのフラベルのシンビン(10分間退場)に繋がったと思います。
あれを見て、いかにスタンドの雰囲気がプレーやジャッジに影響するかを改めて痛感させられました。
自分達も三ツ沢をああいう雰囲気に出来るか……今年もやっていかなきゃというか、やるしかないですね。

で、19日の準決勝は東芝府中vs早稲田という組合せになりましたが、これって"学生王者対社会人王者"というかつての日本選手権の組合せであると同時に、大学生が最後に日本一になった'87~'88シーズンの日本選手権の対戦カードでもあるんですよね。
(22-16で早稲田が勝利)
これから先、"学生王者対社会人王者"の対戦がいつあるか分からないだけに、結果はどうあれ19日は秩父宮に行くしかないと思いますよ!
ていうか、私はチケット確保しました!(笑)
(メインスタンドは既に完売。バックスタンドとゴール裏もこの分だと……)

では。

« 評価が難しい | トップページ | それぞれの道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29452/703742

この記事へのトラックバック一覧です: ある意味勝ち組:

« 評価が難しい | トップページ | それぞれの道 »

twitter

  • twitter